ココカラ・ハジマル

「どうも元気になれない」って言う友人たちの言葉がきっかけとなって、いろいろな生命たちが活発に動き始める頃、八ヶ岳で「ココカラ・ハジマル」と言うタイトルのコンサートを開きました。いろいろな意味で、自分にとってもみんなにとっても、そのコンサートが再スタートになればいいなぁと言う願いを込めて、上弦の半月という時を選んで企画してみました。

そのコンサートから10日前に、近所のスウェーデン人の鉄の作家さんが心不全で突然亡くなりました。44歳でした。茨城弁の日本語を話すこともあって、商店街の金物屋さんからバナナをもらうほどの人気者だったのですが、私はなかなか逢うことができず、逢って時を共にしたのは亡くなる当日のお昼でした。突然現れた彼と、お昼ご飯を一緒に食べました。


ご飯を一緒に食べながら、森の話、水の話、家族の在り方の話や福祉についての話などをしました。すべての話に共通していたのは、世の中がこうだったらいいね、ってことで、彼は最後に、「でも、全部人の手で始めてしまったことだから、人の手で変えられるはずだよね〜」と笑って、帰っていきました。私にとっては、それは遺言になってしまいました。

人には人の正しさがある、というところからなかなか脱せずにいた私に、「共有できる正しさ、豊かさというのを作っていくことを諦めるないで」と言うこと、「自分の答えを、もっと鮮明に表現してごらん」と言うことを、私は彼から受け取りました。

様々な環境問題、戦争や飢餓や貧困、人の食のための植物、動物たちの現状など、ひとつひとつ部分的に見て解決を想ってみても、複雑すぎて気が遠くなってしまいます。どこから始めればいいのか、何から始めればいいのか。でも、必ず、人の手で変えていくことができる、と私は想います。

起きてしまっていることは、誰かのせいではないと気づき、そして、自分が当事者の一人だと気がつくことからしか始まらないのかもしれない。気がついたら、その答えを自分が生きることで、すべては変わっていくのかもしれない。世界中が共有できる豊かさや正しさを自分のワクワクする気持ちや楽しいって言う気持ちから、創り上げていきたいな。この世はみんなで創っているんだもん。

太陽の光を浴びて、光と影が丁度半分に見える上弦の半月。同じように自分の中の光と影、その両方が自分と生命のまるごとの美しさなのだと想います。「ココカラ・ハジマル・コンサート」から3ヶ月、光に出逢い影に出逢い・・、いつでも、どんなことも、自分の力になってくれる。痛みも、悲しみも、その先の自分の力になっていく。ココカラ・ハジマル、思い描く未来を、足元から、目の前から、そして、世界のすべてに。
[PR]

# by yumeyaeikoalways | 2005-07-24 05:43 | 思ったこと  

幸せの交換・ukkyさん

e0016150_054612.jpgゆめがたりに、コメントを残して下さるukkyさんの陶芸ブログ・さるのやきものが、エキサイトの「今週のピックアップブロガー」で、紹介されました。

←きっかけになった、友人の作品「ほあ〜ん」
私が、パソコンを始めてから、自分の知り合い以外のブログで初めて訪ねたのが、さるのやきものです。コメント欄の方々が、同じようなことを言っているのがおもしろいなぁと想いました。引き寄せるものがあるんでしょうね。私も、引き寄せられてしまいました。
きっかけは、陶芸家の友人の作品がさるのやきもので紹介されていたこと。そして、初コメントは私の大好きな星野道夫さんにふれた記事でした。

さるのやきものは、コメントのやりとりを見ているだけで幸せになってしまいます。私は、やきものをやってないので、やりとりを眺めていることが多いのですが、そのやりとりが、幸せの交換をしているようで、とても好きです。

いつでも、ひたすらに、ひたむきに、自分の情熱を惜しむことのなく陶芸に取り組んでいる様子と、文章の独特なリズムが好きで、楽しみに読ませて頂いています。地に足をついて、いつだって楽しんでいる毎日が伝わってきます。きらきら輝いているのが、逢わなくても伝わって来ちゃうから不思議です。

今回、ukkyさんが、インタビューの中で、ゆめがたりを紹介して下さいました。愛してますと言われて、わっ、どっきり!
私も、自分の情熱にもっともっともっともっと取り組んでいこうって、想いました。
ukkyさん、どうも、ありがとう!
[PR]

# by yumeyaeikoalways | 2005-07-22 23:54 | 思ったこと  

満月から、始まる

今日は、午後からイズミと音合わせをしました。
ここ、八ヶ岳から、富士山まで片道2時間という距離。イズミは本格的に農業を営んでいるので、農繁期の春から、秋の半ばぐらいまでは、私が移動して音合わせをします。

新しいギターで、初めての音合わせ。やっぱり、すご〜く、気持ちいい!
自分で、弾いて歌っているのに、気持ち良くって眠くなりました。
先月、生まれてきた新曲、「星の夢」。
これ以上ないってくらい素晴らしいベースをつけてくれました。感動して、泣きそうになっちゃった。(←今年、こういうことが多いかも。)
この曲、あちこちで歌おう!みんなに早く聴かせたいなぁ〜。

満月から新月、新月から満月。たえなる巡りのリズム。
ここのところ、足踏みをしていた感じがあったのだけど、今日、満月の光のに包まれて新たな始まりを完了できた感じです。やっぱり、「自分を信じる力」、そこから始まってしっかりと地に足をつけて歩く。あらゆるすべてと、共に。

yahooのジオログを使っていたときの記事、5月分をエキサイトに移動させました。ぜひ、読んで下さいね〜♪>(^◇^)<♪

ゆめがたりHP・top
[PR]

# by yumeyaeikoalways | 2005-07-21 23:59 | イベントなど  

ホームページ作成中!

e0016150_1621198.jpg
パソコンを始めて、2ヶ月経ちました。
少し慣れてきたので、初心者用のホームページをやめて、載せたいものだけを載せられるように変えてみました。まだ未完成で、作成中です。


"allo?-material"さんの素材を使わせて頂きました。
自分でタグを使いながら作り上げていくのは、やっぱりとっても楽しい。やってみると、タグや記号の意味が分かってきて、パソコンの前で、はしゃいでいます。
トップページは私の大のお気に入り、瀬戸の橋本緑さんの宴会猫です。宴会猫は、傍にいるだけで幸せなので、みなさんにも幸せのおすそわけ♪


今のところ、エキサイトブログ、コンサート情報、自己紹介、リンク、のページがあります。5、6月のジオログの記事もエキサイトに移動させていきます。
コメント↓かメールで、想ったこととか、アドバイスを頂けると嬉しいです!
読んでくれて、ありがとう!
[PR]

# by yumeyaeikoalways | 2005-07-20 23:34 | 日常のこと  

国境を越えて

国際環境フォーラムと言うのが清里で行われ、参加者のうち、インド、韓国、台湾、フィリピン、インドネシアの方々が、ノッツを宿泊施設として利用されました。何回か食事を作って食べて頂いている間、「言葉が通じない」と言うもどかしさを感じてしまいました。それぞれの宗教上の都合もあり、いつもより数倍手間をかけて作っていましたが、「おいしい」も、「ごちそうさま」も、言ってもらえない・・。とゆーか、言ってもらえる関係が、作れない。

近くにいるのに、いつまでもその距離は遠いまま。折角、出逢っているのに、もう二度と逢えないかも知れないのに。言葉が通じないことで、心まで通わせられないなんて、なんだかもったいないことだし、ちょっぴり悔しいな・・。


そこで。今日はもう、皆さんが帰ってしまう日なので、朝食後、さっちゃんとカズミちゃんに応援されながら、勝手にコンサートを始めてみました。楽しいバージョンの「森へ帰ろう」。
あちこちに散っていた人たちがどんどん集まってきて、手拍子したり、太鼓を叩いたり、タンバリンを叩いたり、一緒に歌ったり!(知らない歌なのにぃ!)

音楽は、あっという間に国境を越えてしまう。
みんなが、ひとつになって、笑った。

もう一曲!と言ってくれたので、「祈りの大地」も歌いました。
「ナマステ」「カムサムニダ」「Thank you」「ありがとう」、4つしか言えなかったけど(一つは日本語だし)、音楽を共有したことで、空気が明らかに変わり、心が通じ合えた気がしました。その後で、なんと、「おいしいご飯をありがとう」と、言ってくれた方がいて、キッチンメンバーみんなで大喜び。

もう二度と逢えないかも知れない人々、でも、同じ地球の何処かで生きていく人々。
音楽を分かち合えるひとときを持てたことが、すごく嬉しい。
一瞬で、あらゆる境界線を超えてしまう「音楽の力」を実感しました。
[PR]

# by yumeyaeikoalways | 2005-07-17 23:45 | イベントなど  

I am happy

e0016150_1463142.jpg
このところ、ますます世界は変わり始めている、と、感じています。
うたをうたい始めた時に、「感じて、想って、動けば変わる!」と、不思議と確かにそう想った。

2001年に起きた同時多発テロ事件以来、世界のHappyを願うなら、自分がHappyでなくっちゃと想うようになった。そして音楽を表現して生きることが、とても自然で、必要なことに想った。そのみちを、まずは自分でとことん信頼することが大切だなぁと。


失敗を繰り返しながらも、輝く明日へ、いつでも進んでいる、誰でも何でも、と、私は想う。否定して否定して否定し続けた先で、どこまでも肯定する。そんなところに出逢えるんだと私は想う。苦しんでいる自分や他を見て、さらに苦しんでしまうってこともあるけれど、いろんな闇のようなものを体験して体験して、光に立ち返る。
自分も含めて、世界は今、そんな風に動いているように感じています。

「いま世界では3秒にひとり、子どもが貧困から死んでいます。1日だと3万人。 1日1ドル以下の生活をしている人は12億人、 きれいな水を飲めない人は10億人以上、 読み書きのできない大人は8億6000万人、 これまでエイズで死んだ人は2000万人。」

ほっとけない 世界の貧しさキャンペーンと言うのが始まりましたが、20年ぐらい前のWe are the worldや、Live eidを思い出しますね。
ホワイトバンドを身につけて、何が変わるのかなと言う答えは、それぞれの胸の中に在るのでしょう。意識を持っていくことって、大事だし。私もやってみようっと。

感じて、想って、動けば変わる!
危機感からだけじゃなく、I am happyってところから動いていきたいな。

[PR]

# by yumeyaeikoalways | 2005-07-14 14:29 | PEACE!  

アースガーデン

e0016150_010390.jpg
毎年2回代々木公園で開催される、「アースガーデン」というイベントに行って来ました。アースガーデン、・・なんて素敵な響きなのでしょう。危機感をあおるのではなくて、その響きそのものを表現したいな、と私は想うのですが・・。


イベントの中のNATTY STAGEに、今年も出演してきました。NATTY レコードの下村誠さん、声をかけてくださって、どうもありがとう!
去年とはステージの場所が移動していたので、迷子になりましたが、今年のステージは木に囲まれた心地いい場所でした。枝に止まっていた一羽のカラスが、ずっと演奏を聴いてくれてるようでした。風が吹いて、枝の葉が演奏に合わせて揺れていました。

八ヶ岳とでは暑さの質が違うので、演奏中はともかく、MCで「暑い!」という言葉しかでてこなくて、困りました。んー、今後の課題だな〜。
課題はあるけれど、久しぶりの友人たちや、ネットで知り合った方も来てくれて、とても嬉しいコンサートでした。みんな、本当にありがとう!

コンサート終了後、イズミにお願いしてお茶の水までギターを買いに行きました。今までのギターの音、それ以上の音を出したくなってきたので、念願のタカミネPT-407を探しに行きました。以前、東京に暮らしていた時は普通のことだったのに、今回、電車に乗ったり町を歩くのが楽しくて、ウキウキしました。

連れていってもらった最初の楽器屋さんにPT-407は有りました。とても忙しいお店でしたが、担当になってくれた方のギターに対する姿勢や情熱が伝わってきて、ギターや人に対する丁寧さを嬉しく想いました。その後何軒か回りましたが、結局は最初の楽器屋さんで買うことにしました。担当になってくれた人がその人で、本当に良かった!下倉楽器の鈴木さん、ありがとう!

家に帰るまで、「わーい、嬉しい!」と、何回言ったことでしょう。
色も形も、大きさも、音も響きも大満足です。今の私に、一番丁度いいギターと出逢えました。わーい、嬉しい!ずっと弾いていま〜す。次は、私もイズミもMartinだね!!

毎度毎度、イズミ、どうもありがとう!
ゆめやえいこ、進化します!・・MCも、ねっ♪
[PR]

# by yumeyaeikoalways | 2005-07-12 22:15 | ライブ  

キッチンから愛を込めて1

e0016150_1122342.jpg
昨日、久しぶりにノッツで働きました。
朝5時に起きて、6時から朝食作りです。ノッツとは、環境教育等を運営するNPO法人国際自然大学校の略名です。日野春校のスタッフとして働くさっちゃんの賄いのお手伝いとして、私は不定期で働かせてもらっています。

さっちゃんは、「食」を大切にしています。さっちゃんが「食事」を通して伝えようとしていることは、「今、これから」にとって、とても重要なことだと私は想っています。そのことをきちんと理解をした上で、その意識と共に働くということが、一緒に働かせてもらう者の在り方として、とても重要なことであるように想います。


ノッツの食事で使うお米は、「農林48号」というお米です。毎回、ハガマで焚いています。「農林48号」は、この土地に合った品種で、甘みがあり、ひとつぶひとつぶがしっかりしていて、冷めてもおいしいお米です。同じ方法で違うお米を炊いてみると、明らかに「農林48号」の素晴らしさが判ります。お寿司屋さんでよく使われたり、「幻の米」という名前で売られたりもしています。

野菜は、ノッツの畑で取れたものと、近所の有機農、自然農の人が手をかけた旬の野菜を使います。醤油や味噌も自家製(麹も)で、大豆、小麦も、ノッツや近所で作ったものを使います。椎茸栽培もしています。春は野草や山菜、秋には、山の木の子を使います。
鶏を飼い、玉子を頂きます。以前はヤギを飼い、乳を頂いていました。

キッチンから出る野菜くず等が、鶏を育み、鶏糞は、ノッツの畑を育みます。そしてその畑の野菜たちは、食べる人を育みます。
その循環する輪の中にちゃんと立ち、「食事を作らせて頂く」のですから、丁寧でありたいと、私は想います。失敗することもたくさんあります。きちんと反省して、必ず次に生かして行きます。

でき上がった食事は、作り手の心です。そこに気付く人気付かない人様々ですが、食事に込められた心は食材の生命たちと一緒に、食べる人の生命を支えます。すぐには気がつかなくても、食べた人の体はちゃんと記憶するんじゃないかなぁ、と想います。
そんな風に想うと、食事を作ることが楽しくってしょうがない。

下の写真は、ノッツ日野春校の校長のロバさんに送って頂きました。ノッツの食事の一例です。
[PR]

# by yumeyaeikoalways | 2005-07-04 11:24 | 料理人として  

キッチンから愛を込めて2

日本の伝統的な食文化は、その姿を消して行くように想えます。しかし、最近、日本の食文化の美しさに気付き始めている人も、わずかですが現れ始めたようにも想います。伝えていくことことの尊さを想います。


さっちゃんは、私のあらゆる意味での師であり、母であり、大切な友人です。私は自分の母から、日本の伝統的な食文化について、「母から娘へ伝えられて行くこと」を、伝えてもらうことができませんでした。

本当の母は亡くなってしまった訳でも、仲が悪い訳でもありませんが、母の母、つまり私の祖母は、母を生んですぐに亡くなってしまいましたから、母も、「母から娘へ伝えらて行くこと」を経験することができなかったので、それを伝えるというのは不可能なことだったのかもしれません。縁あって、さっちゃんに「母から娘へ伝えて行くこと」を伝え直してもらっています。この体験は私の人生に於いて、最も貴重なことです。ありがたいことです。

一緒に料理を作るという時を重ねて行くうちに、料理の型、基本、用語や素材の扱い方を覚えました。季節の料理や、おもてなし料理も覚えました。時間と手間さえ惜しまなければ、何だってできます。そこには先人たちの知恵が隠されています。それを忘れ去ってしまうのは、日本人としてもったいないことです。

そして、だんだんと、優先することや、次に必要なことが、言葉を交わさなくても判るようにもなりました。全体が見えると、ひとつひとつの意味が見えてきます。それは料理以外のすべてのことに、応用が利きます。「食べること=生きること」と、さっちゃんは言います。私はさっちゃんに、豊かにさせてもらっています。

人が人と出逢うのは、いのちといのちが出逢うのは、その関わりの中でお互いを豊かにして行く為であるように私は想います。
ごはんを食べる前に、目の前の”いのち”に両手を合わせて、「いただきます」。そして、「ごちそうさま」。

キッチンから愛を込めて。
[PR]

# by yumeyaeikoalways | 2005-07-04 11:16 | 料理人として  

ホタルの里2 -影響力-

e0016150_1720473.jpg
写真家であり、書家であり、墨彩画家である長田さんは、自然観察会を開いたり、指導や講演もしています。彼が、里山をこよなく愛しているのが伝わってきます。その視点で撮る写真は、人の心を温めるものばかりです。
この地域の蛍や里山の保存会も作られました。長田さんは、この地域にかなりの影響を与えているようです。

住んでいるお家と別棟のギャラリーは、10年以上前に築180年の蔵を移築して、長田さんがご自分で手直ししたものです。(大事なところ、難しいところは、大工さんにやってもらったようです)
手入れの行き届いた、お見事で立派なお家です。堂々たる大黒柱、梁、床、土間、囲炉裏、もう二度と手に入らないと言う不思議な模様の窓ガラス、階段、天井。人がいらなくなったものや、捨てられてしまうものだけをもらってきて作った、と言うからスゴい!土壁も、元々の壁の土に粘土と藁を新しく加えて、美しく再現されています。これもご自分で。
一緒に行った大工の友人も、『すげ〜っ!』と、口が開きっぱなしになっていました。これからの彼の家作りが楽しみになりました。

本当にスゴいなぁ・・と想ってしまう人々に共通するのですが、何をするのでも、楽しんでいたらこうなってる、とさらりと言います。そして誰に対してもフェアで、決して偉ぶらず、近くにいるだけで人に温かさといい影響を与えてしまいます。本人は淡々と自分で在り続けているだけなのでしょうが。

蛍を観察している時に、
『逃がす逃がさないはその次の事で、まずは自分の手のひらに乗せて、そう言う距離で、ちゃんと観るってことが大切なんだぁ。蛍も蝶もトンボもみんな、ね。』
と、長田さんが言った言葉が心にしみました。

家に帰ってきて、台所で見つけたコオロギを、早速ガラスの瓶に入れて眺めてから、手のひらに乗せて観察しました。その姿をじっと観ていると、コオロギへの愛情がじわじわとわいてしまいます。そう言う距離の大切さ、ちゃんと観るという事の大切さが、身にしみます。
こういう距離で、こういう姿勢で、人を含めたすべての生き物に接する事ができるといいな!

素敵な夜を、ありがとう。
[PR]

# by yumeyaeikoalways | 2005-07-01 17:21 | 日常のこと