<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

このいのちのあるがままの力

おとといは、整体の勉強会で静岡県富士市まで行ってきました。
参加メンバーも確定してきて、行き帰りのごはんや寄り道や車中のおしゃべりもにぎやかで、
参加者全員が、月に一度のこの整体の会を心からの楽しみにしているのが主催者としてはかなり嬉しいことです。個性的で、良い意味で自分勝手な人ばかりなので、楽ちんだし、いと愉し♪
おとといの帰り道なんて、車中で大合唱だったし。(^^;)


行氣、愉氣、自働運動、体癖、、
常識的な考えだけでものを見ている人にとっては、
「ほんまかいな~」、と思うようなことも多々あるんじゃないかな。きっと。
でも、やってみれば納得できる。向いてない人もいるのかもしれないけれど。
本が出てるので興味があったらぜひどうぞ♪
野口晴哉著回想の野口晴哉 野口昭子著(野口晴哉先生の奥さん)


自分以外の誰かにもやってあげることもできるけれど、
まずは、自分自身のためにできるいろいろなことがあるのはとても良いなぁと思う。
そして、自分自身の体を一定のペースで観てもらうというのもとてもいいもんです。


今年の二月、「みんなで一緒に立とう」的に始まったこの会も、今回で8回目。
あきらかに、調子が違う。それに、YES、NOがはっきりしていて自分で楽ちん。
変化するのは体だけではないのですね~。


日々、自分の心と体をしっかり感じているというか、
ちゃんと観てるような感じと余裕があって、
自分が自分であるってことが、とても嬉しかったり楽しかったりする。
一ヶ月の間に、確実に季節が変化しているのと同じように、
一ヶ月の間に、確実に変化している自分自身がいるんだなぁと。
私自身よりも、一緒に通ってる友人たちの変化の方が良くわかるんだけどね。
自分のことって、足したり引いたりして見ちゃうから、案外わかりづらかったりしちゃう。


「このいのちのあるがままの力で生きる」と思い始めた頃、
当時、私の歌の活動をサポートしてくれていた友人の家に置いてあった2枚の通信。
何気な~~く手を伸ばして読んだ通信は、「友を想う」「愉気をする」というタイトルで、
その頃、自分が感じたり想ったり、そして探していたものの輪郭がそこに見えて、
一瞬でその通信を書いた人(今の先生)と野口整体というものに強く心惹かれた。
自身の自然」これも良かった。


その後、友人から縁をつないでもらって先生と出逢い、通信は自宅に送ってもらうようになった。
去年まで、先生が定期的に開いていた整体の会には、自分のライブと必ず重なってしまい、
定期的に通うことができないでいたのだけれど、いろいろなタイミングが重なって、
今、大好きな友人たちと、大好きな先生のところに月に一回ちゃんと通えることができてることを
とても嬉しく思う。いろんなモノ・コト・人に、大感謝なのです。


私はちっとも全力を出して生きてこなかったし、今だって、全力とは言えないから、
「このいのちのあるがままの力で生きる」というところにはまだまだ立てていない。
けれど、今までも、今も、その時々の全力で生きていた(生きている)ことは間違いない。
謎かけみたいな文章だな。。


あるがままの力が100あったとしても、
さまざまな理由から10や20を全力だと思っていたこともあるだろうし、
さまざまな理由から10や20が全力のときもあるわけなんだもの。
あれ? 結局謎かけみたいかな。(^^) 


自分で制限や限界をつくっておいて、それがすべてだと思い込んでしまって、
自分でつくった制限や限界に従って、からだが制限や限界通りのバランスをとっていて、
その小さな枠の中(10や20)での全力なだけで、全体(100)から見れば、まーだまーだ。
(^^;)うっ、言葉の限界だー。


なんにせよ、まだまだ変われるというのはいい。
まぁ、自覚しようがしまいが、生きてる限りは変わり続けるわけで、
その変わる方向が「このいのちのあるがままの力」である方がよいなぁと想うわけです。
100が、実はゼロの状態だったりするから、
100まで行けば、1000があることに気づいたりするのかなぁ。


「このいのちあるがままで生きる。」
これからが楽しみだなー♪ 秋、そして冬が楽しみだなー♪  美しく流れていこう!  

冬の妖精 いくつになってもこの曲が好きー♪ 
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2010-09-29 07:27 | 思ったこと  

焚き火を囲んで +上関原子力発電所

先週末は、年に一度のお祭り、奏での森クラフト@カナディアンファーム
小さな川が流れているとてもとても優しい森の中に、クラフト作家さんたちのお店が並ぶ。

e0016150_0341154.jpg

年に一度のイベントはあちこちであるけれど、
ここまでゆるゆるのイベントはかなり珍しいと思う。
京都や和歌山からも、その「ゆるさ」を好んでやってくる作家さんたちがいる。


毎年、初夏に開催される松本や駒ヶ根クラフトも大規模で賑やかで、
あれはあれでまた好きではあるけれど、
奏での森クラフトのゆるやかなONELOVEって感じが 私は一番好き♪
事情があって、ずっとはいられなかったけれど、それでも楽しかった!

夜は、お店を閉めて、焚き火を囲んでささやかな宴。
焚き火を囲んで、みんなでまあるく座るのってやっぱりいい。


焚き火を囲んでるみんなの笑顔とか、
土のにおいとか、せせらぎの音とか、森を通り過ぎる風の音とか、
森の上には満天の星空があって、お芋を焼いたり、ちょっぴりお酒を飲んだり。。
そういうのが、かなり幸せだな~♪(^^)


曲目@奏での森

1.森へ帰ろう
2.あめつちの祈り
3.このほしのうえ with 明生(on Per)


奏での森クラフトのみなさん、お疲れさまでした。また来年、会いましょう!


***********************************

上関現地、虹のカヤック隊からの緊急メールです。
転送・転載、歓迎との事です。

***********************************

【緊急】【転載歓迎】
山口県 上関原発問題『いま上関の海が危ない!』

中国電力が明日9(木)に台船を動かそうとしているという情報が入りました!

明日は、中電が祝島島民やシーカヤッカーら4名に対して起こした4800万円の
損害賠償請求の裁判があり、島からも多くの人が傍聴に行く予定でした。

埋め立て予定地が手薄になるのを狙って作業をしようとしていると思われます。

昨年9月から始まった埋め立てに対する抗議行動は今現在も続いており、
島民や支援者による座り込みは毎日行われています。

昨年10月には台風の最中、作業中止を宣言しながら、裏で台船を動かし作業をしたり、
日の出前の暗いうちに、ほぼ無灯火で作業を行うこともありました。

このように、祝島島民の意見を全く聞かないで、
強引に進めようとする中国電力のやり方にこそ問題があると思います。

この現状を多くの人に伝え、皆さんの声で今回の作業をやめさせてほしいと思っています。

口コミ、ブログやツイッターなど市民メディアで伝えてください!

現地・田ノ浦に来れる人も大歓迎です。

ご協力よろしくお願いします!


「抗議の声を届けてください↓」
中国電力
上関原子力発電所準備事務所
0820-62-1111

中国電力
広島本社 広報部
082-523-6184

転載以上です。

***********************************


マスコミが報じない、あらゆる問題。
どれも同じようなことが起こっているのだけど、眼を向けないと見えてこないものばかり。

上関原発のことも、六ヶ所核燃料施設のことも、あちこちのゴミ処分場建設のことも、
高尾山の圏央道トンネル工事のことも、高遠のドコモ携帯基地局のことも。

自然という、あらゆる「いのち」を尊ぶ人たちは、
(或いは、そういうものの中で生かされていると気づいている人たちは)
「反対派」という名で片付けられてしまっている。

でも、どれも遠くの話ではないし、他人事ではないのだけれど。。
みんなみんなつながるいのち、この星に暮らしている当事者の一人としてアクションを!

君に届けED
※エントリーとは全く関係ないけれど、、
Gyao!で無料の一話目を見たら、珍しく超ハマってしまったアニメ「君に届け」。
原作のコミックもよいです♪ 世の中でも流行っているようです。charaのうたがよいー!
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2010-09-10 00:58 | ライブ  

明日は奏での森クラフト

長野県原村にあるカナディアンファームで
今日から開催されている「奏での森クラフト」。
あさってまでの3日間の開催です。


今までは、毎年7月後半に開催されていましたが、
雨が良く降るとか、近くでクラフトフェアが開催されるとか、
いろいろな理由で、今年は9月の頭に開催する運びとなりました。


私は、2004年から、ライブステージに出演させてもらっています。
私の希望に応えてくれて、今年はクラフトフェアの一番気持ちよいところに
ステージを作っていただけました~!! 感謝!! 
今年は夕方から、カナディアンファームのレストランの方でもやらかします!

カナディアンファームの森は、とてもとても気持ちよいですよ!
全国から、選りすぐりのクラフトマンたちが集合しています。
ぜひぜひ、いらしてくださいね~♪


13歳の女の子更新しました。
ブログ、HPをお持ちの方、リンクお願いしまーす!!
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2010-09-04 00:37 | イベントなど