<   2007年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

オンとオフ

空には中途半端なカタチの月、
満月へ向かうこの頃の月が私はとても好き。
雪が少々舞っていて、月のまわりに虹色の光の輪。
綺麗だな〜などと、ぼーっと眺めていたら、凍えた。^^;


先週は、
国分寺ONE とフライ屋 杣での二連ちゃんライブ。
ONEでは、今野大輔さんのステージにも飛び入り。
最後は出演者全員で大セッションとなった。
ステージにただ独り立ち、歌うのもいいけれど、
お客さんを含めて、
みんなが一体となったこの瞬間はとても素晴らしかった。


あの人がいて、この人がいて、
あの人がこうして、この人がこうして、
そして重なり合って生まれてくる刹那の表現。
一人きりではなくて、まわりがあるからこその表現。
音楽をやる意味も、生きる意味も、
そんなところにあるような気がした。
もう少しで何かをつかめそうな感じがするんだな〜。


杣では、古い友人の健太郎がいたので、
突然だったけれどジャンベを叩いてもらった。
彼が高校生の頃は、パワー全開だったけれど、
今はパワーが彩りへと変化していて、
一緒にやっていておもしろかった。
いい太鼓叩きになったもんだな〜と感心してしまった。


この日のメインのPro.zackというバンド、
去年のバイオディーゼルのイベントでご一緒した縁で
今回私を呼んで下さったのだけれど、これがかなり心地良かった。
この日はアコースティック編成だったけれど、
普段はバンドだというので、ぜひ聴いてみたいと想う。


寝不足だったのだけど、
私にしては珍しく、その日は打ち上げにまで参加した。
その時の、
Pro.zackのドラマーのてんちょうさんの何気ない一言、
「ステージに立つと入るんだね。」と言う、私を解説した言葉。^^


意識を持って使い分けていたわけではなかった、自分の中のオンとオフ。
それにしっかりと気がついて衝撃を受けた。
微妙には理解していたのだけれど、
オンとオフがはっきりわかった瞬間、
自分自身のことだというのに激しく驚いてしまった。


気がついたからと言って、
これがどう変化するのかはわからないけど、
自分にとって大事な何かが隠れているような、
このことを見過ごしてたらいけないような、
そんな気がしてしまうんですねん。
オンとオフ、セッションで感じた一体感、、
とにかく、なにやら、これからが大変楽しみなわけです!


さて、これからのLive予定です。

11月23日(金)13:00頃〜 (2曲ほど)
山梨県白州町下教来石・Singingstone
地域通貨・湧く湧く収穫祭
0551-35-4139


11月23日(金)14:30〜
山梨県長坂町・障害者通所施設 春の陽経営 豆の花
新装開店オープニングライブ
0551-32-7373


11月24日(土)12:30〜
東京都青梅・青梅青空ライブ駅前ステージ
青梅宿アートフェスティバル2007
http://omekraftlive.web.infoseek.co.jp/live/proglam/proglam.htm


11月25日(日)10:00〜
静岡県富士宮・北山憩いの森
森林ヒーリングライブ
with 秋月祐介


12月7日(金)19:00〜
東京都国分寺・Club ONE
アコースティックナイト
http://www.kokubunji-one.com/top.html


12月9日(日)18:00〜
山梨県長坂町・聖マリア教会
チャリティLive/アコースティックナイト
ほか出演:Cross Road, Bluegrass Project, Pimienta

ぜひぜひいらしてね〜♪
幸せの種を交換しましょー!
e0016150_0331573.jpg

[PR]

by yumeyaeikoalways | 2007-11-22 00:33 | 思ったこと  

贈り物

二ヶ月ぶりに新潟へ行ってきました。
みんなで歌おう、表現しようと言う主旨の、
「唄わナイト」という毎月恒例のイベントです。
このイベントに参加することへの流れは、
25年ほど前の友人との再会から生まれた縁です。


このイベントに参加している表現者たちは、
高校生の頃や、昔バンドをやってた頃、
家族のようにまわりにいた音楽野郎たちと同じようで、
音楽やギターのことばかりと言う世界がなんとも心地良い。
好きなことに打ち込んでる人はやっぱり素敵だな〜♪


ギターを弾くことに対して、いい刺激ありで、
春にちょいとトライしたけれど挫折してしまった、
ギターのコピーに、再チャレンジしてみようと言う気に。
「ゆめやえいこはそんなことやらんでいい」などと言われたけれど、^^
みんなと一緒にギターを弾けるって、やっぱり絶対に楽しいもの。
「唄わナイト」、今回も最高に良い時でした!


さてさて、翌朝。
「唄わナイト」の参加者の一人に連れられて、
近所の幼稚園のイベントに参加しました。
子どもたちみんなで温泉に行く、と言う行事。^^
自分の行きたいところや、やりたいことを、
いくつかの行事の中から自分で選んで参加する、
と言うのを聞いて、なんて素晴らしいことだろうと想った。


自分の意思を尊ぶことは、
他の人の意思を尊ぶことに繋がる。
だから、自分の意思で選ぶことや育むことは、
とってもとっても大事なことだと私は想うのです。
自分の意思を尊ぶことを通して、
初めて本当の意味での協調性が生まれるのだと想う。


幼稚園児30人が乗ったバスのあとについて、
辿り着いたのは、デイサービス施設もある温泉施設。
食堂もあり、宿泊もできる硫黄臭漂う温泉でした。
幼稚園の先生たちは、みんなとても活き活きとしていて、
そんな大人の姿を見せてあげられる環境って素晴らしいと想った。
この温泉はその場にいた先生の旦那さんが経営している温泉施設だそうです。


ちびっ子たち、
ひとりひとり自分でお財布からお金を払う姿が、
なんとも言えないくらい可愛いのですよ〜。
存在するだけで、みんなを微笑ませちゃうなんて、
子どもたちってすごいよな〜と想っちゃう。
5歳の子たちは、3歳の子たちの面倒を見ていた。
日々、関わりの中でしっかり学んでいるのですねぇ。


さて、ちびっ子たちと一緒に温泉につかったあと、
何故か、急遽ミニライブをする流れになってしまった。
ちびっ子たちばかりではなく、
デイサービスのおじいちゃんおばあちゃんも一緒に、
温泉のお客さんも一緒に、突然のミニライブ。


まずは、ジャンベとベトナム口琴とホーミーを披露。
ちびっ子たちがジャンベに合わせて踊ってくれた。
そして全員参加、みんなが歌える「どんぐりころころ」。
最後はソロで、新潟のうた「砂山」を叩き語り。
デイサービスのおばあちゃんたちが、
「砂山」を一緒に歌ってくれたので感激してしまった。


どんな場であろうと、
どんな年齢の相手であろうと、
それが急遽であったとしても、
そこに一番丁度良い演奏を引き出せるということが、
自分の強みであることを、この時、初めて自覚した。


弾き語りを始めて5年、太鼓教室を始めて5年、
いろんな場で、いろんな時に、いろんな人の中で、
やってきたたくさんの経験が実を結んでいる。
知らず知らずのうちに自分の中に積み重ねてきた、
たくさんの体験たちが、今、生かされている!
ありがたい。。


スタッフの方々を含めて、みんなが喜んでくれた。
驚いたのは温泉で働いてる人たちまでが、
一緒に参加して楽しんでくれたってこと。
保守的な環境では、有り得ないことですものね。


いつか忘れてしまう一コマであったとしても、
あの場にいたみんなの心の奥深くで、
きっときっと勝手に育って行くといいな..。


音楽をすることを諦めないで本当に良かった。
音楽は、私への贈り物、
そして、私から誰かへの贈り物。
今回、自覚したことを自分の腑に落として行きながら、
また次へ繋げて行こう。更に更に繋げて行こう!


車に乗って帰ろうとした時、
お昼ご飯を食べていたはずの子どもたちの声、
「ゆめちゃーん、ばいばーい!また来てねー!!」
食堂の窓から小さな手を大きく振って見送ってくれました。
みんなからの贈り物、大切にするからね。
decorate my way♪ 


短い時間ではあったけれど、新潟の旅、ありがとう!
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2007-11-09 00:14 | おでかけ  

幸せを生きよう!

e0016150_2015625.jpg

窓辺に吊るして光を楽しむ、小さな鏡とクリスタルのオブジェ。
南側の大きなを窓辺に吊るしてあるおかげで、
一日中家の中いっぱいに、
お日様を反射したいくつもの小さな光や、
クリスタルに集まった虹色の光が舞う。
部屋中に揺れているきらきら輝く光たちは、
なんとも言えない幸せな気持ちにしてくれるのだ。


お日様の光は嬉しい。
何に隔たることなく愛を降り注ぎ、
ただただ輝いて存在する太陽。
"与える"ということにもこだわらず、
感謝されることにもとらわれず、
自らが輝くことで与えて続けてくれる、
何にも誰にも隔たりを持たない深い深い愛。。


この世に生きているひとりひとり、個々に様々な価値観が在り、
それはその人の視点であり、その人を形作るものだと想う。
個々の価値観の違い故、時に争いが起きることがある。
誰かの価値観や言動を、正邪、善悪と言う二元論で、
評価や判断をしてしまうこともあるけれど、
自分とは違う価値観を、
認め合い、分かち合うことの方がずっと楽しいし嬉しい。


ものの観方や捉え方、その反応さえも、
その人自身、自分自身の自由と責任だと想う。
すべては自分次第、心次第。
誰かや何かの関わりに於いて、自分が幸せでないのなら、
いくらでも幸せになる方法を探せばいいのだ。
人はいつからだって変わることができるんだもの。


人生は短い。与えられた時間には限りがある。
宇宙は、その深い愛故に、
誰かのせい、何かのせい、と、不幸を数え上げていれば、
それを望み通りに現実化してくれるだろうし、
幸せを数え上げていれば、それを望み通りに現実化してくれるのだ。
どちらを選ぶのも、その人その人の自由意志。
どちらも選ばずに宇宙に任せ切ってみるってのもありね♪


人は誰もが、そのままで完璧であり、また不完全でもある存在なのだ。
不完全であるからこそ、この世で受けた生の中で、
人は愛することを学んで行くことができるのだと想う。
幸せの交換・循環・共有。

目の前の人がどんな姿をしようとも、深きを観、
愛しそこなわないように、赦しそこなわないように、
いつだって幸せを生きよう!と、あらためて誓うのでした。
e0016150_2031562.jpg

[PR]

by yumeyaeikoalways | 2007-11-05 20:21 | 思ったこと  

感謝はやまないのだ

e0016150_23454075.jpg

先週末はLive漬け。
国分寺ONE、春の陽、遊び心の家、ぶうふううう。
先週の火曜日から引き始めた風邪のおかげで、
咳やら鼻水やらで、少々しんどかったのだけれど、
(だからこそ?)、とにもかくにも良い時だった!


27、28日に合計3カ所で共演した、
デジュリドゥ奏者のあだっち、口琴奏者のらるふくん、
ふたりのどの場の演奏も、
「お見事!」と言うしかない素晴らしいものだった。
後日、ライブに来た人たちが口を揃えて、
贅沢だった、最高だったと言っていた。
あだっち、らるふくん、ありがとう!
e0016150_23445877.jpg


28日のぶうふううう感謝祭では、
メンバーの出産子育てで活動がストップしていた
太鼓チーム<なむほい>も復活。久々の音合わせ。
幸せの共有と交換、
私はそんなことがやりたいんだ、と、再確認した。


表現者としての、"次"が見えて来て、
内側から喜びのようなものがやって来ている。
今年のはじめに風邪を長引かせて断念したCD制作、
この冬中に制作&発表を目指しています。


うたうたいとしての私、打楽器奏者としての私、
音楽を通して出逢ったたくさんの縁ある人々。
いろんなカタチで支えてくれているいろんな人々、
いつだってどこにいたってどんな時だって、
サポートし続けてくれている大きな大きな何か、、。
感謝はやまないのだ。


♪さて、来月のLiveのお知らせです。

11月6日(火)19:00〜
新潟県南魚沼郡浦佐・居酒屋 一坊 
☆唄わナイト☆
1500えん


11月16日(金)18:30〜
東京都国分寺・Live ONE
☆アコースティックナイト☆
1300えん+1 drink 国分寺駅徒歩一分
ゆめやえいこ/他4組
http://www.kokubunji-one.com/top.html

11月17日(土)夜 詳細未定
山梨県小淵沢・ふらい屋 杣
http://www.hokuto-town.com/mypage/hb002977/


11月23日(金)昼過ぎ
山梨県白州町・singingstone
☆地域通貨・わくわく秋まつり・収穫祭☆
-2曲ほど-


11月23日(金)14時30分〜
山梨県長坂町・豆の花
☆障害者通所施設・春の陽経営 豆の花オープニング☆


11月24日(土)11時〜 出演時間未定
青梅宿アートフェスティバル
青梅青空Live in SSWフェス青梅
http://omekraftlive.web.infoseek.co.jp/


11月25日(日)10時〜
静岡県富士宮・北山憩いの森
☆森林ヒーリングライブ☆
with 秋月ゆうすけ
2000えん
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2007-11-01 23:47 | ライブ