<   2006年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

学生座禅会

鎌倉の円覚寺というお寺で行われた学生座禅会に参加をしてきました。
学生とはほど遠い年齢の私ですが、「厳しい場についていく覚悟があるなら」を条件に、無理を言って参加をさせていただきました。5日程度の断食なら自宅でも可能なのですが、座禅となると人が来たり電話が鳴ったり猫らがにゃーだったりあれやこれやできっと無理。それに、お寺のピンとした空気の中に身をおきたかったのでした。

朝は3時40分に起床です。まだ夜明け前の暗闇の中から一日が始まります。座っているあいだに段々明るくなり、鳥が鳴き始め、開け放った窓からは草や花の香りがしてきます。

座り続けていると、息を吸ってるんだか吐いてるんだかよくわからなくなったりしました。手がなくなってしまったように感じることもありました。眠ってたわけではないですよぅ。^^
初めは「棒で打たれる」ってことに対して私は激しい恐怖を持っていたらしく、鼓動が早くなって呼吸が速くなって、やーん。一度打たれてしまえば平気になるに違いないと想ったのですが、徐々に打たれることに対する恐怖は薄れて行きました。不思議なものです。最後まで打たれることなく終わってしまったので、今となってはちょっと残念・・。

座禅会での修行は座ることだけではなく、その間の"すべて"です。
食事の時などの様々な作法や振る舞いは、自分を律することなく生きてきた私には一苦労でした。むぅ、こんがらがりました。
いっぺんに覚えられる頭がないのねぇ、とほほ。

何かを手にする前や、次の行動に移るときには、必ず合掌や低頭。
なるほど、そうすることで、ひとつひとつの物や事や場や時をきちんと捉えることができますし、そのひとつひとつを尊く感じるが故にそれらを大切にする想いが生まれます。そうすれば作法は自然に身に付いていくはずですねぇ。それまでの物や事に対する自分の在り方、関わり方が確実に変化してしまうはず。

その作法の中にあるひとつひとつの意味を自分なりに咀嚼してみると、自分の情けないほどの在り方が見えました。家に帰ってきてから同じようにやってみて、物をひとつ手にする度、動く度に、それまでの自分が"それ"に対していかに無関心であったかが驚くほどわかってしまいました。観ているようで観ていなかったし、大切にしているようでちっとも大切にしていなかったのですねぇ・・。

んー、「厳しさ」と言う表現の奥に深い愛を感じます。
作法って、やっぱり表面的なことだけが大切なのでは決してなくて、外側から内側へ、内側から外側へ・・、内側と外側がしっかりとつながっていることこそが大切なのですね。

お世話になった老師様や雲水さん、学生座禅会の幹事の方々の動きはとても美しい。野菜の切り方ひとつに、典座を務めた幹事さんの素晴らしさを感じました。点と点を結んでひとつらなりの動き、しなやかで優雅で本当に一瞬一瞬が美しい。

入山したときは咲いていなかった桜が、下山時にはたくさん咲いていて、私はまるで浦島太郎な気分でした。どう、とは説明がつかないけれど、目に映るものやそれらとの関わりが入山したときとはなんだか違う感じがします。参加できて良かったな。春という優しい季節で良かったな。

座禅会での体験を、これからの日々の中でどう生かしていくのか、心から生まれてくるものたちと、どう付き合っていくのかも自分次第です。
一瞬一瞬、一歩一歩、ひとつひとつ。
今、あらゆるすべてを愛おしいと感じています。
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2006-03-30 11:58 | おでかけ  

あなたがいてくれて嬉しい

2月から障害者施設での太鼓クラブがまたひとつ始まりました。
指導者として呼ばれて関わっているのですが、みんなで太鼓を叩いて歌を歌って、踊って。

私は「障害者」と言う言葉はあまり好きではないです。
「健常者」と呼ばれている人たちが当たり前として出来ることを、この施設にいる人たちは確かにその通りには出来ません。けれど、この施設にいる人たちが当たり前に出来ていることを、「健常者」と呼ばれる人たちがすべてできると言うわけではありません。焦点をどこに合わせるかによって、視点をどこに持つかによって、健常者はたくさんの障害を持っているように映ることもあります。

「障害者」と呼ばれる彼らと24時間一緒にいるわけではないので、そのすべてをわかることは出来ませんが、少なくとも一緒に過ごす時間のみんなは、楽しさと嬉しさを素直に正直に私に伝えてくれます。自傷行為もあります。突然すっぽんぽんになってしまうこともあります。機械のように質問を繰り返し続けるときもあります。髪の毛をひっぽられることもあります。

でも、それでもいいのです。それが彼らの"生きている"という表現なんだと私には想えるからです。重ねる音はとても自由で素直です。太鼓クラブを終えて、荷物を外に運び出して車に乗るまで、みんなは後についてきて「楽しかった」「また来てね」と、私はまるでアイドルのように握手を求められ続けてしまいます。無表情の男の子(?)が、私の鍵を奪い取って一生懸命に車のドアを開けてくれます。顔だけ見てると怒ってるようなのですが、その行為の中に見える、その"想い"が私はとても嬉しいのです。  ・・「早く帰れよ」だったりして。^^;  (なんて、ことはないですとも!)

「あなたがいてくれて嬉しい」と言う精一杯の表現は、なんてパワフルなのでしょう。私は自分を深く肯定してあげることが出来ます。助けてもらっているのは私の方、救われているのは私の方、喜びを与えてもらっているのは私の方。

私は「あなたがいてくれて嬉しい」と惜しみなく表現するのに、勇気が必要なときがあります。勇気など出さなくても、いつもいつも「あなたがいてくれて嬉しい」と、ちゃんと伝える方が、きっといいのにね。
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2006-03-25 09:54 | 日常のこと  

冬の終わりに

長かった冬が終わって、あちこちに春の足音が聞こえます。土の上に、木々のあいだに、鳥の声に。
今年は冬のあいだの仕事がとても充実したものになりました。薪作り、麹作り、味噌造り、醤油しぼり、きのこのコマ打ち。今年の為のものは醤油ぐらいで、その殆どが来年、再来年の為のものです。

ふきのとうを摘み、朝から天ぷらにして食べました。
少し上の沢に、咲き始めた座禅草を見に行きました。
それはたった今、この時期にできること、そしてたった今この時期にしかできないこと。
また来年、きっときっとまた来年。

緩やかに時間は流れていきます。
明日、生きているかも知れない。
明日、死んでしまうかも知れない。
それでも私は来年、再来年の味噌を仕込み、薪を作り、きのこのコマを打ちます。
それは、願いなのかな?
「いつかのため」、でも、今年の冬のあいだにしかできないこと。
今といつか・・、全然違うようで、ひとつながりのもの。

今しかできないこと、一番やりたいこと、とにかくそれを最優先。
長かった冬の終わりに、良し!と気合いを入れました。
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2006-03-21 23:25 | 日常のこと  

あたたかい夢

新しい歌がやって来たのですが、タイトルがまったく浮かばず、さびの歌詞の一部も、んー、もう一声!と言う感じで完成されず、
保留かな、と、歌を胸の中にとどめて何日か過ぎた時に、近所の友人が夕飯に呼んでくれました。

友人には二人の子どもがおり、上の子は匠くん6才で、私のことを"えいこちゃん"と呼びます。将来、モテモテ間違いなし、王子様のような美しい顔をしています。
下の子は、光くん3才で、私のことを"えーこ"と呼びます。光は私が歌っている時、「ひかり」と言うフレーズが出てくる度に、必ず、照れた顔をして、にやりっと笑います。お母さんのヨハナ曰く「えーこは、俺に惚れてるぜぃ」だそう。だはは。あたり♪^^


さて、一家が12月に清里と野辺山のあいだにある飯盛山に登った時のこと。
元気いっぱいに自分の足で頂上まで登った匠と、「たむ〜い(寒い)」言っておとうさんにおんぶされて頂上まで登った光。おんぶされているとは言え、体を動かさなければ冬の山では凍えてしまいます。とても寒かったのでしょう、その時の写真に写っている光は不幸のどん底的な泣き顔。それも可愛くてたまらないのですが。

家に帰ってきて、クリスマスのプレゼントの話になり、お母さんが「プレゼントは何が欲しい?」と訊ねたところ、匠は「都営地下鉄の限定品のおもちゃの電車が欲しい」と。実際は星座板になったそうです。そして光は、、、


「あたたかい夢が欲ちい」。




わはははは。^^


以前、光には「誰かのためじゃなくて、何かのためじゃなくて、ってどういう意味?」と言う質問をされたことがあります。
「ユートピア」という私の歌の詞のことなのですが、訊ねられた瞬間から1〜2分、私はたじろいで固まったまま後ずさりまでしてしまいました。(汗)
歌詞を覚えてるってところにも、驚いた。その意味を尋ねてくるというところにも、驚いた。私は、3才を甘く見ていました。彼はいつも良く聞き、わかろうしているのです。大人が、きっと見過ごしてしまうことも。

ふと、光が私を見て、「えーこにも、あたたかい夢が欲ちい!」と、にやり。もしかして、私のこと見抜いてる??あたたかい夢、私も欲しーなぁ♪

あとでお兄ちゃんの匠は、「あたたかい夢」と言う絵本を作って、光にプレゼントしてあげました。匠の作った「あたたかい夢」は山登りの絵本になっていて、「山の頂きは、お日様が近くにいてあたたかいね」と言うおち。弟を想う兄の気持ち、兄弟という絆。この子たちの人生が私はとても楽しみです。いろんな方向から世界の平和を想います。

さて、完成を待っていた新曲は、「あたたかい夢」に決まり。さびの一部にも、ぴったりしっくり。お題、いただきました♪
春のコンサートで披露します。

どこにいても 守っているよ あなたのこと あたたかい夢
生きているあいだに 逢えているあいだに 喜びたたえて♪e0016150_17541855.jpg
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2006-03-18 17:56 | 日常のこと  

春のお祭りのお知らせ2連発♪

ご無沙汰しておりました。
さて、八ヶ岳の春のふたつのお祭りのご案内です。

-春風巡ると「夢見る力」出版記念の集い-

4月1日(土)13:00〜、Singing Stoneにて
詩:長沢哲夫 歌:内田ボブ 
ゲスト:ゆめやえいこ 野中かつみ 他 
映画:おおえまさのり
出店:まめなカフェ
カンパ 一品持ち寄り歓迎です。
『夢見る力——スピリチュアリティの復権と地球的平和』 おおえまさのり著
2200円(予価)−−今、世界に問われているのは 夢見る力 を持つこと−−。
Singing Stone 山梨県北杜市白州町下教来石489 tel0551-35-4139(おおえ)


-ゆめやえいこ♪喜笑天結2006・ココカラハジマルコンサート-

4月14日(金)19:00〜、国際自然大学校・日野春校
ゲスト:パンちゃん てっちゃん!? わかな(予定)
投げ銭・一品持ち寄り大歓迎!!
遠方から方は、日野春校に宿泊することも可能です。お問い合わせ下さい。
国際自然大学校日野春校:長坂町塚川 tel0551-32-7521
コンサートに関するお問い合わせ等  tel0551-38-0387(夢屋)

あたたかい夢、あたたかい春、そろそろ出かけて行こうかなぁ。
やっと、動き始めます!全国あちこち出かけます、どうぞ、宜しく!
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2006-03-15 23:51 | ライブ