<   2005年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

ホピの予言・2004年版上映会

28日に山梨県長坂町にある、オオムラサキセンターと言うところで、ホピの予言の上映会がありました。ランド・アンド・ライフの宮田雪さんと言う方が1986年に制作された映画です。宮田さんはその後体調を崩されており、現在は宮田さんのパートナーである辰巳玲子さんが上映会で講演をなさったり、ホピの予言についての書籍の販売をなさっていらっしゃいます。


ホピのひとつの時代が終わったことを感じた辰巳さんは、ホピ族が暮らしているビッグマウンテンまで足を運ばれました。自らカメラをとり、ホピの長老に逢いインタビューをまとめられ、「浄化の時代を迎えて」と言うタイトルの25分ほどの短いフィルムを元の作品に付け足されました。


遙かなる昔から、ホピ族に伝えられ続けた予言。その一つに、「灰のつまった2つの大きなひょうたんが落とされ、何もかもが焼き尽くされるであろう。」とあり、それは広島、長崎に落とされた原子爆弾のことに違いない、とホピの方々は気付き、それまではホピにだけ伝えられてきたメッセージを世界に伝え始めました。これからの世界が、破壊の道、清浄な道の二つに分かれて行くことを示した石版に込められたメッセージを、ホピのメッセンジャーたちは、世界中に知らせて歩き始めましたが、今現在ではもうホピのメッセンジャーはひとりも生存されていません。伝える時代は、終わったのだとフィルムに残された長老は語っています。ひとりひとりにその答えがあるのだと・・。


普段私たちは、スイッチを入れると電気がつくと言う生活が当たり前になっています。そのスイッチの先に、何があるのか、どういうことが起きているのかを、知る人はどのくらいいるのでしょう?ヒバクシャを生みながら動き続けている原子量発電所、その原子力発電所を動かすために、ヒバクシャを生みながら採掘され運ばれているウラン鉱石。更に原子力発電所から出たウランのゴミは、劣化ウラン弾となってアフガニスタンやイラクに落とされてしまいました。自分たちの土地からウランが掘り起こされて、そんな風に使われていることを知ったホピの方々はたいそう心を痛めているそうです。


電気を使っている私たちはひとり残らず、この映画の当事者なんだと想う。遠いところの話では、決してない。私たち人は、ちゃんとそのことを知り、ちゃんと受け止めなくっちゃいけない。

いきなり電気を使わない生活をしようなんて、私だって想っていないし、できないけれど、せめて、使っていないところの灯りは消すとか、クーラーを弱くするとか、灯りを減らすとか、コンセントを抜くとか・・今すぐできることから始めればいいのでしょう。電気を多少使わなくても立派な手や足が在るんだし、人には知恵が在るんだし、手間暇かかったっていいんじゃないかなぁと思うわけですよ。^^


「物質的な生き方から、本来の精神的な生き方に戻ることこそが、私たちに残された唯一の生き方である。」と言うメッセージを残して、ホピは進んで伝える時代を終えました。
浄化の時代がはじまり、地球規模の災害が起きるのも、人が精神的に弱るのも多くなっているらしいです。


初めの作品のエンディングと、付け足された作品のエンディングと、両方に「ホピ平和宣言」という文章が流れますが、一カ所、全く意味が違うところがありました。。


それは、間違っていたわけではなく、時の流れや時代がそうさせたのだと、私は受け取りました。辰巳玲子さんに聞いたところ、訳者の北山耕平さん曰く、86年版の訳は「若気のいたりで~」だそうですが、2004年版の訳の方が私にはしっくり来るのです。

映画と辰巳玲子さんのお話の間に、私は一曲歌を歌わせていただきました。
上映会の中で、歌うと言う役割を頂けたことに感謝します。
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2005-08-30 21:12 | 映画  

愛・地球博でコンサート2 -つながりあうスマイル-

わにわに&ナムホイの一回目のステージを終了し、続いてゆめやえいこWithイズミのステージ。ステージに立って歌う、と言う場を毎週のように続けているおかげで、落ち着いてセッティングそして本番。ステージのまわりは、これからの環境、平和、国際協力等、持続可能な社会づくりに取り組むNPO、NGOのブースが並んでいました。私たちが演奏するのに、いい場所であったと想います。

e0016150_19445720.jpg

MCも、7月のアースガーデンまでに比べると、とてもなめらかです。意識してみるもんだ、やってみるもんだなーと想ってしまいます。在りたい自分が鮮明になるし、鮮明になった自分の在り方を冒険して行かれます。そして、満ち足りた感覚を味わうことができて、更に更にと、運ばれていくようでとても楽しいです。立ち止まることも時には必要ですが、一歩一歩、そうやって未知なる道を歩いていくことは、本当に喜びなのだと想います。
「明日へ」と言う曲を、ステージ前に偶然逢った、万博会場の近くに暮らしている親友に贈りたくて心を込めて歌いました。届いたかな。

歌のステージを終えて、再びわにわに&ナムホイ。
ステージ終了後、夜のステージまで時間があったので、念願のアフリカ館へ。
バザールは楽しい!ツッピが脅されながらも(そうゆうふうにしか、見えなくて面白かった!)値引き交渉を成立させて、ジャンベを手に入れました。本当に、いいジャンベなんだなぁ、これが。コバも同タイプをGETしました。これからが楽しみーーー。
ジャンベがあちこちで売られていたので、めったに機会もないからアフリカ人たちとのセッションばかりしました。「あんた、うまいな〜」と、アフリカ人たちに褒められていい気になりました。うふふ。
e0016150_19453991.jpg

さて、夜はBE GOOD CAFEで、ゆめやえいこwithイズミのコンサート。
台風接近情報のおかげでお客さんは少なかったけれど、夕食を楽しんでいるCAFEのお客さん、CAFEの皆さんやわかなの友人たち、そして八ヶ岳の仲間たちに心のこもった演奏ができました。わかなが八ヶ岳に暮らしていた頃に、よく一緒に歌った「天と地と」を最後に演奏、わかなにはコーラスで入ってもらいました。一緒に歌えて、嬉しかったよ!そのうち、わかなはギターを弾いて歌い出すんだろうと予感しています。

「Noを唱えることを超えて、素敵ないいことを始めよう。ここから始まる、Yesというライフスタイル。そしてつながるたくさんのスマイル。」
BE GOOD CAFEのあちこちに書かれていた言葉です。同感です!
八ヶ岳にいるときよりも、離れている分、その成長を感じさせてくれたわかな。
いろんな流れで集った面々。つながるたくさんのスマイルたち。
楽しい時間をどうもありがとう!
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2005-08-28 19:50 | ライブ  

愛・地球博でコンサート1 -結い-

八ヶ岳ジャンベバンド・わにわに&ナムホイとゆめやえいこwithイズミで25日に愛・地球博でコンサートをしてきました。
e0016150_13124079.jpg

今回の企画は3月まで八ヶ岳で暮らしていた、わかな。今は万博の中のBe Good Cafeで働いています。とても忙しそうですが、元気そうでホッとしました。
自然農、自然農楽団、しょうゆの会、太鼓教室の生徒、ナムホイ・・とわかなとの接点は多々あり、わかなが八ヶ岳で暮らしている頃はよく私の家で一緒に歌ったり、私のコンサート時にジャンベ&コーラスで一緒にステージに上がったりしました。愛知に行く寸前は、みんなで毎日のように遊んでいました。
今回、わかなのおかげで愛知万博に行かれたこと、コンサートをやれたこと、本当に感謝しています。わかなが八ヶ岳にいたときと同じように、愛知でもみんなに愛されているのが、私は何より嬉しかったのでした。

続きはこちら♪
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2005-08-27 13:24 | ライブ  

ひとりで東京

意外と涼しくて、過ごしやすかったです。
土のにおいを意識しながら行った為か、意外と木々が多いことに気付かされました。
ビルの屋上でも、植物はけなげに生きていました。蝉もたくさん鳴いていたし、鳥もいたし、コオロギもいたし、ほっとしました。ちゃんと歩いてこの目で見ないとダメですねー。中央区には、草は一本も生えてないぐらいに想っていましたから・・。

それにしても、夜が明るいですねー。10分の1でも事足りるのではないんでしょうかね。街の灯りが空に反射していました。夜は早く寝て、朝早く起きよう!と、えいこばあさんは想うのでした。
けど、東京で生きてる人はスゴイ!なんてパワフルなんでしょう。私などは何もかもが早くって、情報量が多すぎて、たった一泊二日で目が回りました。やれやれ。

次の東京行きは、10月のアースガーデンです。
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2005-08-24 22:15 | おでかけ  

あっちへ、こっちへ

今日これから、銀座へ行きます。ミニLIVEです。
ひとりで東京。ちょっとどきどき。
土のにおいがないところで、2日間平気でいられるかなぁ・・。

明日帰ってきて、あさっての早朝、愛知万博に向けて出発です。
ジャンベバンドと、ゆめやえいこwithイズミのLIVEです。
大型台風が上陸するらしいので、ちょっとどきどき。

一泊して帰ってきて、甲府で、小児病棟の子供たちに向けて、音楽をやる人としてどう関わって行かれるのか、何が必要なのか、を知っていくためのお話会があります。
家族から離れて、病院で療養し続ける子供たちに私は何ができるのかな。

そして日曜日、長坂のオオムラサキセンターと言うところで「ホピの予言」の上映会があり、併せて一曲歌わせてもらうことになりました。
かなり重たい内容の映画だと捉える人も在りますが、今、当たり前に起きていることなので、重くも軽くもないだろう、と私は想っています。
私の歌が入ることで、橋渡しができれば・・、と願っています。

人が人らしく、地球という星に生きるいのちたちときちんと手を繋いで生きて行かれる未来を願ってやまないです。人のつける灯りのために、これから木々たちが一気に枯れていくとも言われている。ちゃんといのちの声を聴いて、今ひとりひとりができることを考えて実践していかなくっちゃです。
そんなところに心を置いて、あっちへこっちへ行ってきま〜す。
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2005-08-23 12:32 | 日常のこと  

わくわく一座@小淵沢音楽祭

小淵沢音楽祭に出演してきました。
「ゆめやえいこ」としてではなくて、「わくわく一座」というバンドの一員として、演奏してきました。ノッツのバイトの合間でしたので忙しかったけれど、充分に楽しめました。

わくわく一座は、小淵沢にある蔵屋グリーンズを中心とした地域通貨・「湧湧」から生まれたバンドです。
「地域通貨」は、現在の経済から離れた価値観で人と人とのつながりをつくっていく手段であると私は捉えています。「生かし合う」心を持つための運動の一つでしょうか・・。
その心を実践していくことに私は興味があります。わくわく一座は、その心を、音楽を通して表現するバンドであると私は想っています。
みんながみんなを、それぞれがそれぞれを生かし合う・・。なんて素敵なことなんだろう。本当は、誰でもあたりまえにできることのはずだと、私は想うのですが・・。

音楽的には素人の集団ですが、今日の日を目指して、2月頃から練習を重ねてきました。
13人という大所帯。演奏中、気を合わせることが難しいなぁと言う感想を持ちましたが、終わってみて「次は、もっと!」と言う気になりました。ソロやwithイズミの時もそうですが、場を踏んでいくと次の在り方や課題が見えてきて、音楽は演奏する人と共に成長していくような気がします。今回、都合がつかず出席できなかった、みかちゃんやふーちゃんも、次は一緒にできるといいな〜。

わくわく一座のみなさま、お疲れさまでした。楽しかったね!
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2005-08-21 21:28 | ライブ  

いついつキャンプ終了!

7月後半から始まった、ノッツ日野春校の「いつ来ても、帰ってもいいキャンプ」、通称「いついつキャンプ」が今日で終了しました!
よく頑張ったもんだ、と自分を褒めてあげちゃうわ〜♪よしよしっ(^▽^)

夏のキャンプは、大学生がキッチンスタッフとして入ってくれるのだけど、今年は何人かが数日間来てくれただけでしたので、通しで入ることに・・。私は合間に太鼓教室やコンサート、ジャンベバンドの練習、わくわく一座の練習があり、とてもハードではありましたが、たくさんの子供たちとも出逢い、いい日々を過ごすことができました。普段はあまり接点のない大学生や高校生と話をすると言うのも、とても面白かったです。

最後の食事のあとでコンサートをやらせてもらって、「森へ帰ろう」をみんなで歌えて嬉しかったのでした。22日までは、違うキャンプが入るのでノッツでご飯を作る日々は続きますが、とりあえず、いついつキャンプに関わったみなさま、お疲れさまでした!
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2005-08-19 18:47 | 料理人として  

根羽村・ネバーランドにて

13、14日と長野県根羽村にある観光施設ネバーランドでコンサートをしてきました。
e0016150_12393782.jpg

その様子は、イズミが素晴らしく見事にまとめているので、こちらでどうぞ。
音も聴けるよ〜♪イズミさん、さすがです、とても真似できません。お見事〜ヽ(^◇^)/

なんだか、毎週コンサートをやらせてもらっているおかげで、歌う人としても、人前に立つと言うことにも、自信が出てきました。自信につられて表現もしやすくなりました。それと、新しいギターが力を貸してくれている気がします。ギターの響きが美しいものだから、歌が同調しようとするようです。

そして、今回は新しくつながっていく人々が、私の自信を強いものにしてくれたように想います。根羽の中村さんは、広い懐で細やかにお世話して下さいました。中村さんの奥さんはおいしい料理で私たちをもてなして下さいました。根羽村役場の方々、新聞記者の方々、お店をそっちのけで2日ともじっくり聴いてくれた出展者の方・・。

必要なところへ運ばれて、出逢うべくして人は出逢って行く。一緒に何かを育める段階に自らが育っていくと、心地よく何かを共有できる存在たちと、磁石のように引き合っていくような・・そんな感じがしてなりません。そこから、また新しい何かが生まれていくのでしょう。
仲良しになった出展者の方々から、大切な作品の数々をお土産に頂いて、みんなで見送ってくれて嬉しかったです。共に豊かに、すべてを豊かに。ありがとう!
次は、愛知万博!
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2005-08-17 12:44 | ライブ  

八ヶ岳・人だらけ

今年のお盆も都会から来た人たちで、八ヶ岳南麓は賑わっています。スーパーもコンビニも温泉も道も森も山も人でいっぱいです。近くの別荘やペンションも賑わっています。私にとっては日常の場所なので、なんだか不思議な気持ちですが、みんなとても楽しそうです。

今日、温泉で「月はいつ出るの?」「夜になると毎日出るんじゃない。」と言う会話を耳にしました。天と地の巡りを感じながら生きている私には、それは冗談のように聞こえましたが、その後の会話を聞いていたら、どうやら本気のようでした。
街灯や家の電気が夜になったら消える世の中だったら、月のリズムをみんながあたりまえに感じられるのかなー。
もうすぐ満月。森の道は青く光っています。
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2005-08-15 23:56 | 日常のこと  

つながっていく不思議

13、14日と長野県根羽村にあるネバーランドの手仕事祭りでコンサートをしてきました。(その様子は、また次回に)
一週間前に私の宝物であるカリンバの作者、ハートクラフトのマー坊に依頼されました。7月30、31日の奏での森クラフトからの流れです。奏での森クラフトも、マー坊との出逢いも、たくさんの、人のつながりと偶然によってつながっていったものです。

私にとっては、その中心に音楽があります。
音楽を通してココロが動いて、想って、流れて、必要なところへ運ばれているような感じがします。今回もたくさんの人と出逢いました。たくさんのもの、こと、言葉、ココロに出逢いました。出逢っていくすべてが優しく暖かいものばかりです。

人と人とが、つながっていく不思議、自分の想いと現実がつながっていく不思議、昨日から今日へ、今日から明日へつながっていく不思議・・。
私がしたことと言えば、方向と在り方を決断したことだけかもしれません。

今、ここに在ると言うことに感謝です。つながり合うすべてに感謝です。
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2005-08-14 23:31 | 思ったこと