カテゴリ:足跡( 7 )

 

天龍川ウォーク6 -すべての幸せ-

2002年8月6日午前8時15分、私たちは桜ヶ池にいました。
57年前(今から60年前)の同じ時刻、広島に原爆が投下れました。
私たちは黙祷を捧げました。
黙祷を捧げる前に、一匹の亀が対岸の方の水面に顔を出しました。
黙祷が終わると、すぐ傍まで泳いで来ていました。
顔を持ち上げて、こちらをじーっと観察しているかのようでした。

原爆投下された時、私は生まれていなかったので、
それがどんなものであったのかは、人づてにしか知りません。
人づてにしか知りませんが、二度と繰り返したくないことです。
歴史に刻まれたことの中に、人は、何を見るのでしょう?
ただ過去のこととして捉えるには、死者の数はあまりにも多すぎます。

過去の続きである「今」。「今」の続きである未来。その時の今に、想いました。
時の流れの中で、過ぎてしまったことを踏まえた上で、前だけを見て生きて行くことの大切さ。理想や、希望や、願いを、今の自分の足元から歩くことの尊さ。
もし、そういうことを積み重ねて行くことができたなら、
常識も価値観も、何もかもすべてが変わっていくような気がしました。
人としての在り方も、夫婦や親子をはじめとする人との関わり方も、
物事との関わりも、自分を含めたあらゆるいのちや、この星の方向さえも。
亀の姿を見ながら、ただ漠然とそんな風に想いました。
八ヶ岳や、守屋山から汲んで来た水を桜ヶ池と浜岡原発にある池に、
「祈り」として捧げました。

2週間歩いて、私はすっかり想いが変わってしまいました。
根本に在るもの、基本にあったものがまるで変わっていました。
それまで、私は自分の想いを語ることを好まず、黙していました。
反対に野良屋かあちゃんは、想いを想い以上に非常に熱く語る人でした。
ウォークが終わったあとで、私は、自分のことばを語る人になろうと、
野良屋夫妻とともにいて想いました。
そして、ウォークから帰って来て2週間後、
「森へ帰ろう」という私のテーマ曲のようなうたが生まれてきました。

「えいこちゃんみたいに何も語らなくていいんだぁと想ったら、
何も言うことなくなっちゃったんだよね〜。」と、野良屋かあちゃんが、後になって言った。

その秋、浜岡を始め、あちこちの原発が稼働停止しました。(今は稼働しています)
そして、私は、ゆめやえいことしてギターで弾き語りを始めました。
風と水のウォークにて、関わった方々に感謝を込めて。

♪すべての幸せ それが僕の祈り 森へ帰ろう 一緒にね

おしまい 
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2005-06-17 23:37 | 足跡  

天龍川ウォーク5 -シンクロ-

諏訪湖を始点に、長い旅をして来た天龍川と『風と水のウォーク』は、海に辿り着きました。
海岸線沿いを歩き始める前の晩に、その前日からお世話になっていた日蓮宗正光寺で、ガイアシンフォニー第4番の上映会がありました。丁寧に手入れしてあるお庭での野外上映会。たくさんの人が集いました。

出演者は、ジェームス・ラブロック、ジェリー・ロペス、ジェーン・クードル、名嘉睦稔の4人。
それぞれのメッセージは、私がこのウォークで感じたことと、シンクロしていました。
 *すべて(の、個)を大切する
   =自らが個であることを尊び、大切にすること。
 *前に進み続けること。
 *希望を持ち、愛に生き、相互理解すること。
 *幸せは尽きることは無いということ。

ジェリー・ロペスの章で、「自分の中のスイッチをONにして波のうねりと一体となる=この地球と繋っていることを感じる」というような言葉が出て来た時に、「明日、ウォークのあとで絶対に海で泳ごう!」と想いました。

翌日、ウォーク終了後、全員が海に飛び込みました。ははは〜、想ってることは同じだねー。みんな、地球との繋がりを全身で感じたかったのでした。自分の中のスイッチをONにすると言うことも。

天龍川の水に私自身が洗われ、龍神とともに歩いて来た道が確実に私を変えました。
八ヶ岳を出発した時は、ただただ浜岡原発(すべての原発も)を止めたいと想っていたのに、遠州の風に吹かれながら浜岡原発の前に立った時には、すべてが幸せであることだけを、私は想っていました。
原発で働く人も、原発の近くで暮らす人々やあらゆるいのちも、ウランもウランを採掘する人も、日々この電力を使う人も、推進派も反対派も、みんながそれぞれの幸せであるように、と。

平和って何だろう?、と考え直さなくてはならなくなった時に運ばれたこの旅の中で、それは自分で感じるもの、知っていくもの、創っていくものなんだと、そう想いました。心の声はすべてを超えて、その声に「響くもの」をちゃんと用意してくれるような気がしました。いろんなカタチで、シンクロしながら。

次回、たぶん、最終回です。
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2005-06-14 12:03 | 足跡  

天龍川ウォーク4 -龍の導き-

天龍川沿いにある、日本で一番小さな村、愛知県富山村。お昼頃に到着しました。
この日の最終地点は佐久間ダムでしたが、困ったことにこの先の天龍川沿いのすべての道が、土砂崩れによって塞がれていました。この年の梅雨の雨はとても激しく、あちこちで土砂崩れが起きていました。「向こうの山を越えるしかない」と、村の人が教えてくれました。その道を行くとすると、天龍川とは離れることになります。

でも、前に進むにはその道しかありませんでした。天龍川と離れてしまうのは残念でしたが、与えられた「道」だと受け止めて、その道を行くことにしました。毎日4時に歩き出し、お昼過ぎに終了というスケジュールで動ていたので、時間はたっぷりありました。

長野、愛知、静岡の3県の県境にあるその山は、自然なるままでした。森は豊かでした。急な坂道を歩きながら谷の下を流れる川の美しさに見とれました。とんだハプニングで出逢えた景色です。当時5歳の実杜も含め、一人一人が自分の足取りと歩く道のりを楽しんでいました。

大津峠を越えたところで一泊して、翌日、静岡県水窪町に辿り着きました。私たちが歩いて来た道から国道152号線に出るその手前に、看板がありました。それはこんな内容でした。
『水窪町池の平。幻の池。浜岡町桜ヶ池の龍神が諏訪湖に登る途中、ここに池を作り体を休めると言われています。7年に1度、森の中に突然水があふれて池が現れます。』

全く関係ないと想っていた予定外の道、予定外の場所で、桜ヶ池や龍神伝説が出て来たことに、鳥肌が立つほど驚きました。(前回は1998年でしたので、幻の池は今年現れるはず。)

行く手を失い、八方ふさがりになっても歩くことを諦めず、戻ることもせず、前にだけ進もうとする気持ちの尊さや、選ぶことのできない道であっても、ひたすらの上り坂であっても、笑いながら楽しみながらみんな一緒に歩くことができる、という喜びを感じました。
私は「みんな一緒」ということが非常に苦手ですが、一人一人の自由な意思の結果としての「みんな一緒」なら悪くないかも、と想いました。むしろ、「みんな一緒」であることを幸せに想いました。私はそんなことを想いながら、大津峠を下りました。

龍神様に導かれた、としか捉えようのない出来事でした。天龍川と離れても、龍神と同じ道を歩くことになった風と水、光と音。
それは、偶然でしたが、必然であったのかもしれません。

続きます。
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2005-06-13 12:00 | 足跡  

天龍川ウォーク3 -歩みの力-

e0016150_11594134.jpg
諏訪湖の水は山から流れて来たばかりなのに、とても汚れていました。生活排水?工場の排水?いずれにしても、人の手で汚してしまっているものです。湧き出したばかりの水を見て来たので、少し憂鬱な気持ちになりました。始めのうちは川沿いに工場もあったりで、川は汚れていましたが、私たちの歩みとともに、流れとともに川の水は澄んでいきました。虫や魚や鳥がよみがえりました。天竜峡は、楽園でした。青空が広がり、太陽にかかった雲が虹色に輝やき、近くには美しい蓮の花が誇らしげに咲いていました。
「妙なる力。人の手で汚してしまったものも、何事もなかったようによみがえらせてくれる。」と、想いました。

「楽園」とはほど遠い悲しい歴史がこの天龍川にはあります。
天龍川には4つのダムがあり、上流から最初にあるダムは長野県天龍村にある、平岡ダムです。
1940年に着工。1952年に完成。朝鮮や中国から強制連行された人や連合軍の捕虜など約3000人が従事したと言われています。記録に残るだけでも約120人が亡くなったとされている。本当はもっともっとたくさんいるんだろうな..。
ダムの管理所の前に、このダムの建設で命を亡くした中国人の慰霊碑が建っていました。朝鮮の人々の慰霊碑はありませんでした。電力の為のダム。みんなでお祈りしました。儚い豊かさの為に大切な何かを失ってしまう「人の心」。日本最大を誇っていたダムを前にして、涙が止まりませんでした。

水の無い川沿いを歩き続けると、平岡ダムでせき止められてしまった水の道、川の水がよみがえりました。あちこちの山から湧き出ている水が、天龍川を復活させました。川の水がよみがえると、虫も魚も鳥も植物もよみがえりました。奇蹟のようでした。地球という星の深い愛でしょうか。

当時小学校5年生だった素也は「天龍川の水質調査」を夏休みの宿題の自由研究に選びました。毎日、水温や水質、生態系などを調べていました。偉大な人です。彼の自由研究「天龍川の水質調査」の最後は、こう締めくくられていました。

『ダムで水がせき止められてしまっても、支流が流れ込んで、もとのように戻っていきます。また本流が汚れていても、支流が流れ込み、また綺麗になります。このことから、支流の「支」の字は本流を支えると言う意味じゃないかなぁと想いました。』

この言葉は、今でも私の歩みの力です。

まだ、続きます。
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2005-06-11 11:58 | 足跡  

天龍川ウォーク2 -風と水・光と音-

2日間高熱を出し続けて、3日目にはすっきり。要らないものが全部熱と一緒に流れていったような感じがあり、歩いていく力を手にできた感じがした。
タカボッチから諏訪湖へのウォーク、野良屋から諏訪湖へのウォーク。そして、諏訪湖から天龍川沿いに海に出て海岸線沿いを歩き浜岡原発、そして桜ヶ池まで、約2週間の旅の始まり。

私の暮らす八ヶ岳から湧き出る水の道。山梨県側の水は富士川を流れて海に至ります。長野県側の水は千曲川へ流れて日本海に至るのと、諏訪湖に流れ込んでから天龍川を流れて海に至る道があります。私が日々飲んでいる水は富士川へ流れ行くものです。
家の近くにある「吐龍の滝」の前で、『別の道を行きますが同じ海に至りますので、私の一歩一歩をともに歩んで下さい』とお祈りをしてから、水を汲みました。八ヶ岳から、先に出発したきらきらとうどんこには『光と音のウォーク』の出発点、観音平の湧き水を汲んで持ち歩いてもらっていたので、私は自分の生きている土地の水をお守りとして諏訪湖へと向かった。

山から湧き出た水は、それぞれの道を通り海へと辿り着く。山の石は、水に運ばれ海にたどり着き砂となる。砂は風が運んで砂丘をつくる。
浜岡砂丘も、そうやってできたもの。そんな、ただただ自然なるもの、そういうものの道を歩きたかった。諏訪湖は天龍川の始まり。

歩き始めの諏訪湖にも、最終地点の桜ヶ池にも、「龍神伝説」があります。
浜岡の神社にある桜ヶ池には、弥勒菩薩を待つ龍神様が棲むと言われています。桜ヶ池と、諏訪湖は地下深きところでつながっているという伝説もあります。桜ヶ池のお櫃納めで沈んだお櫃が、諏訪湖で見つかったという伝説もあります。

諏訪の神は、風と水の守護神とされているらしい。 神体山は守屋山。野良屋がある高遠の山です。野良屋から諏訪湖へ向かう途中で、この守屋山の湧き水も汲みました。

『風と水のウォーク』は、風の道、水の道を歩くこと。私はその道の中で、『光と音』として歩きたかった。『光』は、幼い頃から漠然と感じている何か。そして、何度遠ざかろうとも、私は「音楽する自分」に引き戻されてしまうから、『音』は、この人生の私のテーマかもしれないと想い始めたから。風と水、光と音の理由。

また、続きます。
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2005-06-10 19:01 | 足跡  

天龍川ウォーク1

この旅がなかったら、私は今、うたをうたっていないかもしれない。

2002年7月八ヶ岳から諏訪湖、タカボッチから諏訪湖、そして、諏訪湖から天龍川を下って浜岡まで歩いた。メインタイトルは『風と水のウォーク』、私は『光と音のウォーク』というテーマで参加した。うたい始める少し前の素敵な旅のお話。何回かに分けて記事にしていこうと想っている。


その年の始めに、本橋成一監督の作品「アレクセイと泉」と言う映画を観た。1986年4月26日のチェルノブイリ原発事故後、放射能汚染で廃村となってしまった同原発から北東180kmにあるブジシチェ村の小さな泉と村の若者アレクセイを巡るドキュメント。美しい映画だった。美しい村だった。泉も人も美しかった。豊かさとは何かを考えさせられた。19年経った今もなお放射能汚染は続いている。

ここ八ヶ岳は、浜岡原発から北東に180kmという距離。同じ方向で、同じ距離だと想いながら映画を観た。
浜岡原発1号基も2号基も老朽化していていつ何が起きてもおかしくない。ましてや東海地震の予測震源地の真上にたっているから新しくっても同じか。

月に一度参加していた浜岡・祈りのウォークからの数奇な流れによって私は天龍川ウォークへと運ばれて行った。参加者は野良屋一家とポンタと私。途中、キノスズ、モリ夫妻、ツッピン、かくばりさん等が参加したが基本的には6人だった。

八ヶ岳から諏訪湖までは私だけの企画だった。
「これから」を生きていくためにどうしてもこの道を歩きたかった。1人で歩くつもりだった。
ところが、八ヶ岳出発の前日から、私はなんと40度の熱を出してしまった。諦めるしか無い..と想った。

「えいこちゃん、俺、代わりに歩くよ」と、うどんこが名乗り出てくれた。「うどんこが歩くなら私も歩く」ときらきらも名乗り出てくれた。「じゃあ、私がサポートする」と妊娠10ヶ月目の大きなおなかのトットが加わった。てつが治療に来てくれた。そして、その先の行動をスムーズにする為にみかちゃんが諏訪湖まで私の車を届けてくれた。一泊目の宿はパンちゃんが家を使わせてくれた。
自分のまわりにいる人々の尊さを思い知った。とてもとてもありがたかった。

私が計画したとおりに、旅が始まった。
私自身を未来につなげる道を、友人たちがみんなでつないでくれた。

私には歩き始める前に自分のすべてに浄化が必要だった。それまでの私では、その先を私が私らしく歩いていく力がなかった。私はどういう想いを持ち何をするのか、したいのか。私はあらゆることをはっきりと把握して、きちんと伝えられる人になり、自分の意志をはっきりと示して、これからを歩いていく必要があったように想う。そして、それを渇望していたように想う。

次回に続きます。
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2005-06-10 18:57 | 足跡  

夢を生きている

e0016150_4531391.jpg
ゆめやえいこ。
私は,夢を生きている。
dreamの語源は、「音楽」「喜び」。

2002年、秋。突然私はうたい始めた。
「たぶん、私に宿る深い想いがそうさせた」としか言いようがない。打楽器奏者ではあったけど、まさか自分がうたをうたうなんて、思いもしなかった。

でも、うたい始めて、本当に良かった。うたい始めてからだって、何度もやめようと思ったけど、うたうことやめなくて良かったなぁと、今、本当に想っている。

音楽を通して出逢ったヒト、コト、モノたちが、私を学ばせ、成長させてくれた。
それは、私の音楽にプラスされ、音楽を通して出逢ったすべてに再び贈ることができる。 「幸せの交換」って友人が言った。そーゆーのって、嬉しいね。
人はいつからでもどんなことでも、何でも始められるんだと思うし、自分が変わればすべてが変わるってことがどう言うことなのかもわかった。

何をしていても、何処にいても、どんなことも、すべてが私の音楽になる。だとすれば、私は常にやりたいことをやって生きているってことなのかも。

「Love with everything always」
うたい始めたからこそ、出逢えたすてきな想いです。
私はこの地上で夢を生きている。あなたと共に,音楽と共に。
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2005-05-22 02:07 | 足跡