わくわく一座@小淵沢音楽祭

小淵沢音楽祭に出演してきました。
「ゆめやえいこ」としてではなくて、「わくわく一座」というバンドの一員として、演奏してきました。ノッツのバイトの合間でしたので忙しかったけれど、充分に楽しめました。

わくわく一座は、小淵沢にある蔵屋グリーンズを中心とした地域通貨・「湧湧」から生まれたバンドです。
「地域通貨」は、現在の経済から離れた価値観で人と人とのつながりをつくっていく手段であると私は捉えています。「生かし合う」心を持つための運動の一つでしょうか・・。
その心を実践していくことに私は興味があります。わくわく一座は、その心を、音楽を通して表現するバンドであると私は想っています。
みんながみんなを、それぞれがそれぞれを生かし合う・・。なんて素敵なことなんだろう。本当は、誰でもあたりまえにできることのはずだと、私は想うのですが・・。

音楽的には素人の集団ですが、今日の日を目指して、2月頃から練習を重ねてきました。
13人という大所帯。演奏中、気を合わせることが難しいなぁと言う感想を持ちましたが、終わってみて「次は、もっと!」と言う気になりました。ソロやwithイズミの時もそうですが、場を踏んでいくと次の在り方や課題が見えてきて、音楽は演奏する人と共に成長していくような気がします。今回、都合がつかず出席できなかった、みかちゃんやふーちゃんも、次は一緒にできるといいな〜。

わくわく一座のみなさま、お疲れさまでした。楽しかったね!
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2005-08-21 21:28 | ライブ  

<< あっちへ、こっちへ いついつキャンプ終了! >>