夏至・六ヶ所へ

明日から青森県六ヶ所で行われる「六ヶ所アースデイ」、
23日のキャンドルナイトに出演します。
今年の春分の日に出雲を出発した仲間たち"Walk 9"が、
六ヶ所に向けて歩き続けました。明日、彼らは六ヶ所に辿り着く。
私も明朝午前二時に八ヶ岳を出発する。
六ヶ所アースデイで、その彼らと合流。長い旅、本当にお疲れさま!


どこかで一緒に歩けるかなと想っていたけれど、
私はこの八ヶ岳の日々を送ることの方が大切だったようです。
春分の日からのこの三ヶ月、自分に起きた出来事がすべてが尊い。
変な表現かも知れないけど、加速し過ぎで自分が追いついてない感じがある。
だから少し困ってたりする自分もいる。


草木の勢いある成長と同じように、人も成長している。
実感しようとしまいと、種を蒔いたことは、確実に育っている。
毎朝の祈りの時間。あらゆるすべてと繋がりを感じる時間。


六ヶ所核燃料再処理施設。
知る人は知るけれど、知らない人は知らない。
それは仕方ないことかも知れない。人の観ている現実はみんな違うのだから。
原子力に関わる人たちと時間をかけて話をした事があるけれど、
「あなたは原子力について無知だ、原子力は安全だ」と、
どこまでもいつまでも言われ続けるだけだった。


OK、あなた方は正しい。
人の生きている現実はみんな違う。
人の人生を変えることなんて、おこがましい。
ただひたすらに、私は私を生き続けるしかない。
「今」と言う瞬間に、踏みしめるこの場所に、自分がしっかりと立つ。
生きている間にできることをしっかりと。どこにいようと何をしていようと繋がっているのだから。


なんだか少し気の入り方が違う。。
激しく忙しいのに、激しく疲れてるのに、気がつくと微笑んでるんだよー。 
どんなに疲れていても、うまく自分に乗れなくて少し困っていても、
生きてることが嬉しくってしょうがないという感覚。。


今日は朝から忙しくて、帰宅したら暗くなっちゃって、サツマイモが植えられなかった。
うん、サツマイモの苗には申し訳ないけれど、もうやれない。。
ごめんね、帰って来たら一番にやるからね。


懐中電灯で照らしながら畑から野菜を穫って来て、明日のお弁当を作った。
もう何もないぞ、さて、眠ろう。明日は長距離なのじゃ。
今年の夏至の時刻は午前三時。私が大切にしている節目のひとつです。
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2007-06-21 21:53 | ライブ  

<< アースデイ六ヶ所・そして 青空 >>