まだまだ続く連日ノッツ

7月後半から、連日ノッツで子供たちにご飯を作っています。すっかり4時半起きが習慣になってしまいました。子供たちの人数は毎日かわりますが、ここのところ80人分の食事を3人で作っています。すべての火口がフル活動で、キッチンは40度を越えます(もっとかも)。どうやら許容量を超えているようで、くたぶれております。はへー。

でも、子供たちの、「今日も、ご飯、おいしかった!」の声を聞くと、元気復活。やったるで〜!と言う気になります。生命力あふれる八ヶ岳の森で、子供たちは何を感じているんでしょう。大切なことを伝えようなんて、僭越なのかも。大人より子供たちの方が大切なことは何でも知ってるし、感じているんだよねー。私にできることは、心を込めて野菜を切り、だしをとり、ご飯を炊き、等々・・食事にたっぷりの愛を込めて内側から生命を支えること。食事作りは私の祈り。食後に歌もプレゼントしちゃうわ〜♪
のびのびと元気に遊んでおくれ〜!
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2005-08-11 20:51 | 料理人として  

<< つながっていく不思議 星の里祭り >>