Live@てのひらまつり

長瀞キャンプ村で開催された"てのひらまつり"に行ってきました。
意外と遠くて、到着は夜になってしまいました。

ヒッピー系(?)の、お祭りに参加するのは4年ぶり、
あちこちで焚き火を囲んで話をしている人々、
太鼓、笛、三線、口琴、いろんな音があちこちから聞こえて、
なんだか緩やかで懐かしい雰囲気が出迎えてくれました。

私は20時半過ぎにアコースティックステージで歌う段取りだったのですが、
コンサートは押し押しだったので、ぐるりと会場をひとまわり。
初めての開催とは想えないほどの規模と雰囲気、川が流れ、ホタルが飛んでいました。
てのひらまつりは、"子どもとつくろう"と言うコンセプト。
なるほど、会場はあたたかで和やかでとても心地いい。

知ってる人はいないかも、と想っていましたが、ノースマウンテンの面々、ひょうこまケンゴマン&のぶ、4年前諏訪から浜岡まで天龍川沿いに歩いた仲間のショウちゃん&あっこちゃんに出逢いました。
ケンゴマンと出逢えたので、私が歌うときに太鼓を叩いてもらうことに。ずっと一緒にやってみたかったんだよ〜、ありがとう。

ろうそくの光で灯されたステージ、バックにはやはりろうそくでライティングされた竹藪が広がっていて雰囲気抜群。いつものことながら音を出し始めると、風がやってきて応援してくれているかのよう。風が吹き始めてろうそくの炎がゆらゆら、雰囲気を盛り上げてくれたのでした。人がいなくなっていたステージ前も、歌い始めると次から次へ人が集ってきて、ぐるりと人だかりができたのでした。手応え、と言うやつでしょうか。

さすがはケンゴマン、初めての音合わせだと言うのにちゃんと歌を読み、曲をつかみ、生かしてくれた。こう来て欲しい、と想うリズムを現してくれる。途中でリズムが二拍三連に変わる曲にも、難なく対応してくれた。MCの掛け合いも、とてもHappy。ぶっつけとは想えないほどの素敵なステージになりました。ありがとう!

てのひらまつり、主催のしほちゃん、スタッフの皆様お疲れさまでした。
ありがとう。また来年もやって欲しいなぁ。
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2006-06-26 20:57 | ライブ  

<< 縁をつないで 1 表現者 >>