黄色い磁気の戦士

今月の26日から興味を持ち始めた13の月の暦。
28日という、月の満ち欠けと同じサイクルのマヤ暦とも呼ばれる暦。地球暦とも呼ばれているようです。

少しかじってみましたが、なんだかとても難しいし、言葉をすり合わせていかないとならないし、13の月の暦について簡単に説明することは、今の私にはまだまだとてもできませ〜ん。でも、とてもおもしろいです。




「13の月の暦」は、大きく分けて二種類の周期、二つの暦のサイクルが組み込まれています。ひとつは「13の月の暦」の全体の枠組みとなる13の月の暦(365日暦)、もうひとつは260日周期の暦です。

また、260日周期の暦は、「太陽の紋章」と呼ばれる20個の図象と、「銀河の音」と呼ばれる13個の数字の組み合わせで成り立っています。13の月の暦(365日暦)は、身体のリズムを整えることで、個人の行動パターンや考え方を柔軟にし、260日の暦は、心や精神性など、個人の内的な世界を豊かにすると言うことです。身体という三次元の器が、他の生命と調和のとれたものになることで、内的な世界も個人の中に閉鎖せず、広がりを持ちながら表現されていくらしいです。

それぞれが、それぞれの生まれた日の力の担い手になるということであるらしいので、まずは自分は何を担っているのかを調べてみました。私は「黄色い磁気の戦士」だそうです。
物事に真剣に取り組み、その後ろにあるもっと大きなものを追求する姿勢が「戦士」の知性の力だそうです。

「戦士」の視点は、当たり前とされているような普段あまり人が意識しないことに向けられて、人から教わることのできない自分一人で歩む道なのだそうです。
「戦士」の人の世界観は、常套句や表層的な社会通念ではない、実感に満ちた本質的な世界の姿を人々に提示するものになるということです。

確かに、私はあんまりにも現実離れした視点で物事を捉えていたらしく、子供の頃なんて誰と話しても、とんちんかん。視点が違うんだって気付いたのはずいぶん後になってからでしたね〜。話すことが面倒になってしまったおかげで、人の話を聞くと言うことに専念するようになったから、それはそれで良かったなぁと想っていますが。
でも、今でも、何で急に13の月の暦に興味を持ったのかってことだってきちんと説明ができなかったりします。「勘」としか言えません。だから言葉で色々説明できてしまう人がとても羨ましいです。そうできるように努力すると言うことも含めて。
今は、歌で表現できるから、それがすごく嬉しいな〜。

明日は、「黄色い自己存在の星」という日。
「好きなことが集中力になる。好奇心が活力になる。新鮮で興奮することなら、なんでもやってみることで、自分の方向が定まる。今日は、思考と感情のバランスを整える日。自分はどのように生きていくのか? 自分の意志と感情の満足。双方のバランスが見つかると、生きることそのものが輝きはじめる。」

素敵な時をお過ごし下さいね。
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2005-07-29 11:43 | 思ったこと  

<< 奏での森クラフト三昧 時間をはずした日、天国はつくるもの >>