春風めぐる

今年で10年目の春風めぐる。
内田ボブさんの歌と長沢哲夫さんの詩が、今年も八ヶ岳に春を運んできてくれました。八ヶ岳周辺や伊那谷や東京、神戸などからも仲間たちがsingingstoneに集い、楽しい時を共有しました。

おおえまさのりさんの「夢見る力」は出版が遅れてしまって間に合わず、出版記念パーティは5月16日に延期になりました。「夢見る力」を読むと言う楽しみが少し延びた分、ますますの楽しみなりました。

今年の八ヶ岳周辺での春風めぐるは、ゲストに野中かつみさんのインディアンフルート、大村カズさんとよしえちゃんと私の弾き語り。よしえちゃんとボブさんのバックではジャンベを叩かせてもらいました。歌もパーカッションも、どちらも私は大好きだわ〜。

音楽で表現することは、私の至福。音楽を一緒に表現できる人たちがいることがとても嬉しい。その重ねた音楽を楽しんでくれる人たちがいることがとても嬉しい。どこまでも喜び、喜び、喜び・・。音楽はそのことを私に教えてくれる。

「くるみの内側で在りなさい」
ナーガさんの古い詩の一部です。心深きに響きました。
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2006-04-02 00:39 | イベントなど  

<< 春の連日ノッツ 学生座禅会 >>