大切な人

あなたにとって、一番大切な人は誰ですか?
e0016150_0551271.jpg

私にとって、一番大切な人は「私」です。それは何故かと言うと、「私」のことを一番大切にしてあげられる人は、私だからです。「喉が渇いたなぁ」と想った時に、喉が渇いている自分に水を与えられるのは自分です。おなかがすいた時にごはんを食べるのも、眠い時に眠るのも、トイレに行くのも、他の人には出来ません。

また、嬉しいと感じたり、悲しいと感じたり、怒っていると感じることも、全部自分に起きる感情です。そして、その感情たちとどう付き合うかを決めることが出来るのも、自分しかいません。言い変えればすべては『自分で選べる』ってことです。抑えることも振り回されるのも、そのまま表すのも放っておくのも、全部自分で選ぶことができます。


今、私は感情をそのまま表します。嬉しい、悲しい、楽しい、腹立ったと、ほぼ感情と直結です。感情は自分に与えられた素敵なもののひとつだと想う。

生まれて育っていく過程で、感情を抑えなくてはいけないということを教わった。感情を抑えるというのは、私にとってとても不自由なことだった。でも、それに慣れていくことも出来た。感情と全然違うことが出来てしまったりする。人間ってスゴいです。けど、抑えられた感情は心の中で姿を変えながら育っていくような気がする。

感情を抑える習慣は、人に対する恐怖心があったからだと今はそう想う。こんなことを言ったら相手が困るとか、傷つくとか心配するとか、怒るとか嫌われるとか。それは単なる憶測に過ぎないのに。習慣となってたから、そういうことを自分からはがしていく作業は結構時間がかかったけど、今やほとんど感情と直結ですっぽんぽんだ。愛は恐怖のないところに存在するんだと想う。

想い方の逆回転。愛し方の逆回転。
信じる私がいい。愛する私がいい。相手がどう反応したって私はあなたが好き!って言える私で在る方がいい。

私にとって私が一番大切な人だと自覚すると、同じように誰にとってもその人自身が一番大切なのがわかる。私だけが大切な人っていう訳ではなくて、誰もが同じように大切な人であることに気がつかされます。誰もが、それぞれの幸せを生きるべき大切な人なんだと。
そして、虫や植物や木々や鳥や魚や動物たちまで、想いはどんどん広がってゆきます。それぞれの幸せを生きるべき生命たち..。

すべての幸せを想いながら、私はうたをうたってる。
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2005-06-09 00:50 | 思ったこと  

<< 天龍川ウォーク1 箱の中のコミュニケーション >>