Love&peace

八ヶ岳に暮らしている日々。
自然農をやったり、醤油や味噌を造ったり、物々交換や地域通貨を使ったり、満月の集いを開いたり、活元会に行ったり、野や山へ出かけて野草や山菜を食べたり加工したり..。一緒に音楽を分かち合う仲間や、大きな家族のようなつながりの中、私はのびのびと生きることが出来ている。今年になって、今ここに在ると言う幸せを本当に強く感じている。感謝は尽きない。愛と平和はここにある。



こんなに幸せを感じている私が立っている同じ地球の上で、たった今も戦争は起きている。本当に、たった今この瞬間に。
「何でなんだろう?」
テロがどうだとか、経済優先だからとか、歴史がとか、そういうことじゃなくて..。そういうことではない別の答えを私はずっと探している。
仕組みを知り、ちゃんと理解することは、必要なことだって想ってる。
でも、どこまで知ればいいんだろう?
どれだけ理解すればこの地球から戦争はなくなるんだろう?

「ただ『祈る』だけでない『平和』とのつき合い方、『NO WAR』と叫ぶ以外にある『平和』との向き合い方を探したい。世界が平和であることを望むのなら、そうなるための努力をそれぞれが日常の中でしていかなくてはいけないと思う。」

[戦争をしなくてすむ世界をつくる30の方法<合同出版>]の編著者のひとり、田中優さんへMr.Chirdrenの桜井和寿さんが送ったメールの一節です。

私もそう想っている。知ること判ることと同時に、今すぐ出来ることはたくさんある。こんがらがっている糸を嘆く前に、放り出す前に、ほどいていける力を持ってることを信じ切って、たとえゆっくりでも、やってみれば、やがてほどけていく。だから、想ったことはやってみる!

そして、自分自身が『平和』じゃないのに、人に『平和』を望むことは私には出来ない。目の前にいる人と『平和』を分かち合えないのに、世界に『平和』を望むことも私には出来ない。まずは自分が、私自身が、一番身近にいる自分自身の当事者として、自分の人生の当事者として、この地球にあるひとつのいのちの当事者として、足元にある平和の道をしっかり歩いていないと。そこから見えてくるものが答え。そして見えた答えを歩く。LOVE&PEACE♪を歩く。

3年前、アフガニスタンのドキュメント映画「よみがえれカレーズ」を観た。同じ映画会社の最近の作品「日本国憲法」八ヶ岳で上映会をやってみようか。
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2005-06-03 14:07 | PEACE!  

<< 箱の中のコミュニケーション え〜こっ茶! >>