Dream

e0016150_23162561.jpg私の友人のひとり、現在小学校5年生のメグちゃんのミュージカルを見に行ってきました。メグちゃんが所属する子どもたちの劇団の、年に一度の大きな舞台での発表会です。地元のコーラス隊や老人クラブのコーラスグループなども出演するためか、会場は出演者の家族であふれかえっていて、出演者と観客を合わせて1000人ぐらいいたでしょうか??
ミュージカルは「シンデレラ」。メグちゃんは魔法使いの役でした。衣装も演出もとても凝っていて、いろんな面で楽しませてもらいました。出演者の一番年下の子どもは4才!台詞ひとつで会場を笑わせてくれました。4才の子どもと同じ舞台に立っていると、メグちゃんが大人のように見えました。^^

メグちゃんは私のあらゆることの師の孫です。私の師は子どもの頃、学校の先生に「あなたは歌が下手ねー」と言われてから、現在に至るまで何十年というあいだ鼻歌さえも歌えなくなったという。自分の子供が産まれて育てていたときも、子守歌ひとつ歌ってあげることが出来なかったと・・。

その師の孫であるメグちゃんが大きな舞台で堂々と立ち、歌を歌っている姿は私の胸を熱くさせました。涙が次から次からあふれてきてしまいました。私には音楽しかないから、話をするよりも何をするよりも音楽になってしまうから、「歌えない」という師の心のすべてをわかることはできないのだけど、私の涙は私が感じている師の心、師の喜びが伝わってきて流れたのかも知れません。

ゆめやえいこの"夢"、Dreamは「音楽」と「喜び」が語源なのです。
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2006-01-31 23:21 | 日常のこと  

<< 明野最終処分場1 いのちある、ところ2 -麹- >>