満月祭

e0016150_4515690.jpg
満月祭、開催。きらきら主催で、場所は-Singing Stone-おおえさん宅。
去年、月のリズムを感じながらいのちやつながりなどを尊び合う、そんな会を持ちたいなぁと「勝手につながるお月見ネット八ヶ岳」と言う集いを数ヶ月ひらいた。今回、人と人のつながりによって、「満月祭」として復活した。


たき火を焚いて、ごはんを持ち寄って食べて(八ヶ岳ならではの季節の食べ物が並んだ。そして、みんな、おいし〜い!!自給率も高いのだ♪)、太鼓、笛、カリンバ..音楽を奏でながら、まあるい月をみんなで愛でました。

月はずっと出ていたけど、途中、雨が降って来て家の中に避難。P-chanは帰り支度をしながら「えいこのうたを聴いてから帰る。」と言った。雨が降っているけど、どーしても、たき火の前でうたいたかった。なんか、どーしても譲れない”どーしても”だった。
で、二人でたき火前に移動。前の晩にできたばかりの新曲「ココロ」をうたった。うたい始めると家の中から、一人、また一人とたき火を囲んでまあるい輪になった。うたい終わったら「もう一曲!」とリクエストされて、結局3曲うたった。

本当は,嬉しくて泣きそうになったけど、泣かなかった。
雨が降っていても、私のうたを聴いてくれる人がいるんだ..。その気持ちに応えることができなかったら、うたうたいとして失格なんだ。「うたに、なる。」ってことを、私はこの日初めて自覚した。”間違えちゃった”は、その自覚が足りなかったから。今までは、うたってる時に余分なものがついていたんだなぁ。
雨の中、P-chanをはじめ、聴いてくれたみなさん、本当にありがとう!

「満月にこういう集まりはいいですねぇ。」と、おおえさんがしみじみと言ったのが心に残った。
かっこえ〜っ!
今、ここに生きていると言う奇蹟。人と人とが巡り逢い、時をともにすると言う奇蹟。うたうことで出逢って行く、私を立ち止まらせてくれる瞬間が、私は嬉しい。

主催のきらきら、良い場を与えてくれたおおえさん、お祭りの後のあったかいスープを用意してくれたわかこさん、どうもありがとう。空のおつきさま、ありがとう。

まあるい月のまわりには、薄い雲が広がっていて、美しい虹色の光を放っていました。
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2005-05-24 23:21 | ライブ  

<< 音合わせ 心合わせ 高遠の森で -水のみち、人のみち- >>