世界理解音楽会

てっちゃんと八ヶ岳の太鼓チーム・ナムホイが近所の小学校の「世界理解音楽会」と言う素敵な会に招かれました。あちこちの民族楽器の紹介をしながら合計で2時間の演奏時間。始める前は、子どもたちの集中力はもつんかいな・・?、と少々心配しましたが、普段あまり目にすることのない楽器の演奏をみんな心から楽しんでくれたようです。近所の保育園前の子どもたちとおかあさんたちも聴きに来ていました。

まずは、てっちゃんの三線で沖縄民謡「てぃんさぐぬはな」、子どもたちからリクエストされた「島唄」。次は弦楽器つながりでハワイのウクレレ。演奏している後ろに世界地図を広げて場所を示しながら進んでいきます。

続いて南米に飛び、チャランゴ、ケーナ、サンポーニャ等々、てっちゃんの得意とするところです。リコちゃんが太鼓で参加して「コンドルは飛んでいく」を夫婦で演奏。
そして北米に飛び、インディアンフルート。アメリカ原住民族の笛です。今回披露したのは一吹きで三つの音が出せるタイプのものでした。てっちゃんの演奏の最後は、オーストラリアの原住民族の楽器、ディジュリドゥ。たくさんの動物の鳴き声を盛り込み、みんなを引き込みました。それにしても、ひとりでこれだけの楽器を器用にこなせるのはスゴイなぁ。感心してしまいます。
e0016150_1472592.jpgで、そのあと、てっちゃんのディジュをベースにおいて、モンゴルへ移動します。即興でツッピの馬頭琴と私のホーミー。打面の毛を剃っていないジャンベも使いました。
そのあと、音楽の世界の旅は山梨に戻り、ゆめやえいこ。^^  これはおまけ。    
レゲエバージョンの「森へ帰ろう」。「森へ帰ろう 一緒にね 森へ帰ろう」と言うさびの部分だけ、子どもたちにも手話で参加してもらいました。子どもたちの「森」がとても可愛かったです。

そして、ナムホイ。アフリカの楽器、カリンバ、アサラト、シュケレ、ジャンベ等々の紹介と演奏です。太鼓の演奏が始まると全員が輪になり踊り出しました。曲が進むに連れてどんどん好き勝手に踊り出して、最後には生命のままと言う感じ。ん〜〜〜、なんてのりがいいのでしょ。先生たちが子どもたちと一緒に踊ってくれた学校は初めてです。とても嬉しいです!
e0016150_1344110.jpg最後はてっちゃんも笛で参加して、ネパール民謡レサムピリリ。拍手を使ってのリズム遊びを取り入れて会場全員で大合奏。世界理解音楽会大成功!
会が終わり私たちの片づけも終わり帰ろうとした時、子どもたちがわ〜と集まってきて「すごーく、楽しかった、また来てね!」と、言ってくれたので胸がじーんとしました。

この地球という星には、たくさんの民族や文化、生き方や暮らし方がある。それぞれの"幸せ"は日本の社会の中で想像される"幸せ"とは同じではない、と私は想っている。
民族楽器は身近な生命たちからの贈り物。自分と同じように尊いあらゆる生命たちの声。
そんなところから、自分自身の「楽しい」という確かな気持ちと一緒に、自分とは違う世界を理解しようとするココロが育っていくといいなー。
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2005-11-27 14:13 | ライブ  

<< グッドラック 野焼き&ますちゃんお帰りコンサ... >>