生きてるのが好き!

高い放射線量を示している線量計の前を ベビーカーに乗った赤ちゃんが映っている写真
福島では何事もなかったように 放射能のことを口にできない空気が強くなっていると聞く 

国もマスコミも正しいことは言わない 
大きな被害を出し(続け)てもなお「再稼動は必要」と平気で言う
でも私は認めない 原発はどの方角から考えても必要ではない

本日5月5日には日本中の原発がすべて停止する 
「段階的に廃炉」そんなことはしなくて平気 今すぐに廃炉で大丈夫

「廃炉に向けての作業に人手が必要 海上風力発電の準備も始まっている」
だから、原発やめても仕事はなくならないと 福島第二原発の近くに暮らす友人が言う 
原発を動かさなくても仕事はある、働ける、 必要なのは、新しい未来を描く柔軟さ
柔らかい頭と心があれば 人は如何様にも生きていかれるだけの知恵を与えられている

e0016150_3254713.jpg去年は震災のショックで 春を逃してしまった
被災地から 
こんなに離れた場所にいたというのに
花の色もにおいも 鳥の声も何もかも

「ここに住むのは適当でないと理解してても、
様々な事情でこの地を離れることができないでいる」と福島県二本松に暮らす人が語る

「沈黙の春の到来に怯える気持ち・・」と
福島県須賀川に暮らす人が呟く

悩ましさ もどかしさは
去年とは何も変わってはいないけれど
e0016150_3252842.jpg
e0016150_335385.jpg


e0016150_3261984.jpg
春 
庭に一番初めに咲くテイタテイト
周囲の森からは 
いろいろな鳥たちの声が響き渡ります
朝の光をつかまえて 嬉しい気持ち
  

時を経ても 
しっかりつながる友が私にはいる
分かち合い 学び合える
愛しい友たちがいる


困ったときには困ったと言える
助けてほしいときに
助けてほしいと言える仲間がいる
e0016150_3263837.jpg
e0016150_325568.jpg

土の上に立ち 種を蒔く
大地が育てるいのちをいただいて 私のいのちが育つ あなたのいのちが育つ
種は土に下ろして初めて そのいのちの活動を始める 
この世界はそうして起き続けている こんなにも愛あふれた世界に生きている

そう。
私は生きてるのが好き!

やれやれと思う出来事は きっと止まないだろう
困難なことや悲しいことも きっと止まないだろう
それでも 「私は生きてるのが好き」ってことを忘れないでいようと思うのです 

・静岡放射能汚染測定室 島田市の試験焼却から2か月後の結果
瓦礫広域処理の見直しを求める要望書に賛同をお願いします。
震災廃棄物の広域処理の見直しを求める署名

e0016150_3255850.jpg

元ページ 
子ども達を放射能から守るネットワーク@ちば
・米国科学アカデミー紀要電子版
Cesium-137 deposition and contamination of
Japanese soils due to the Fukushima nuclear accident
 
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2012-05-05 04:02  

<< 田中優さんより 「偽装停電の夏... 静寂と祈り >>