静寂と祈り

先日、野辺山の友人宅で、モンゴルの楽器・馬頭琴のコンサートがありました。
馬頭琴奏者は美炎さん。馬頭琴は木製(最近のものは)の共鳴箱と馬の尾毛を束ねた二本の弦という素朴な楽器で、馬の尾毛で作った弓で奏でます。モンゴル語ではМорин хуур(モリンホール)、日本語では馬頭琴と呼ばれており、「スーホの白い馬」で有名です。

楽器の先端が馬の頭のカタチをしています。うーん、美し~♪
e0016150_23264319.jpg


演奏は馬頭琴とピアノのデュオ。
私はあいまいな音階の民族楽器の合奏に惹かれるので、演奏前にピアノが入ることを知って実はかなりがっかりしました。が、演奏が始まってしまうと音とアンサンブルの美しさに、「がっかり」は消え失せてしまいました。オリジナル曲や日本民謡や童謡などはクラシカルではあったけれど、そういうものとして聴いた。モンゴル民謡の「たくさんの馬が走る曲」(タイトル忘れ中♪)では、私は馬に乗ってモンゴルの広大な草原を走った。音楽の力ってすごい。
力ある演奏者ってすごいです。
e0016150_155757.jpg


音楽を聴くとき、するとき、特に打楽器に向かっているとき、私は静寂に溶け込んでしまう。
でも、普段の私は静寂とは遠く離れて、心や頭を四六時中使ってしまっている。心や頭が働くところで動くから、目の前にあるコト・モノ・ヒトに、或いは自分自身に、どうしても疎かになってしまう。

10年前に、日常にその静寂を連れてこようと思っていたときがあって、でも、その時は自分がまず静かになることが必要だということに気がつけず、なぜ静寂から遠ざかってしまうのかもわからず、そのうちに厭きてやめてしまった。
e0016150_2432613.jpg

けれど、今、「静かになる」ことが自分に求められている流れに乗っていて、「静かになって感覚しましょうよ♪」的なことが、自分自身にも、私が見ている周囲にも起きているように思えるのです。OK!波に乗ってしまおう♪ 私はその方角へ行きたい!静寂で在ることが「あたりまえ」になるまで繰り返し繰り返し。

私が私で在るように。あなたがあなたで在るように。

Amazing Grace-本田美奈子-

[PR]

by yumeyaeikoalways | 2012-04-29 01:23  

<< 生きてるのが好き! 植菌&本物の賢さ >>