冬の終わり

久しぶりの更新です。

木曜日の朝、庭でふきのとうを見つけた。例年よりも2週間ぐらい遅いかな。
家の前にはまだ少しだけ雪が残っているけれど、あたりを包んでいる光りは既に春。

今年になって、冷蔵庫などをやめて電気もガスも最小限になった。
水も、水道を一切使わずに湧き水と雨水や雪を使うという生活に変えた。
当然いろんなことに時間がかかるけれど、慣れればどうってことはない。
というよりも、ひとつひとつのことに心をもって丁寧に向かうことができるので、いちいち水や火のありがたさを想ってしまいます。

必要なものと必要じゃないもの、それがよく見えてくる。
ちっとも豊かじゃない豊かさなんて、私は要らないな。

冬の間、一切を遮断してゆっくり過ごしてみて、
自分が疲れていることや深く傷ついていることがよくわかった。
戦争やめよう、原発やめよう、TPPやめよう、瓦礫を拡散させないで、山を壊さないで、等等、、思っていても叫んでみても自分には止められる力がない。自分の想いとは反対の方にいろんなことが進んでゆく。無力感やら痛みやらと一緒に居続けていた。

放射能の汚染が酷い土地にも春がやってくる。
いつもと変わらずふきのとうが顔を出しているだろう。

自由ごっこを終わらせよう。
成長ごっこを終わらせよう。
日本の心、日本人の心を取り戻して生きたいと思う。


冬のなごりを惜しみながら、暖かな春の気配を感じています。
さて、ぼちぼち立ち上がろうかいな。
e0016150_5571977.jpg

[PR]

by yumeyaeikoalways | 2012-03-17 06:39  

<< フクシマの嘘 融和に続く >>