手作りの会 和菓子の巻

大震災から8ヶ月経ちました。
原発のニュースも減ってきているように感じます。
何を食べるときも「放射能のこと」を考えてます。空を見上げても、秋色の森や田畑を眺めているときも、いつも「原発のこと」は共に在ります。何も解決しないまま、時は流れています。

幸いにも、ここ八ヶ岳南麓の放射線量は今のところ問題なく、秋の実りを憂うことなく頂くことができています。冬は農産物はなくなってしまうため、今は冬の間の食材、保存食をせっせと作っております。自分の身の回りにある食材を保存できるように工夫したり、それを交換したりすること、身近な人々が持つ技術を習ったり、得意なことを交換し合うこと、それを分かち合うことに最高の喜びを感じます。誰が作ったのかもわからないものや海を渡ってきたものをお金を出して買うことよりもずっとずっと満足感があります。

いろんなことに長けている人が多いこの土地で、様々な手作りを教わって、みんなで楽しみながらいろいろなものが作れるようになったら、豊かな気がするんです。基礎がわかれば応用はその人次第でいくらでも膨らむわけだし、何よりお金を使わなくて済むってところに立てる!少しずつでも、貨幣から離れても生きていかれることを知るのは強みだよなぁ、と♪

というわけで、「手作りの会」を始めました。
本日、第一回目は「栗の和菓子」。栗の和菓子 2種類と小麦饅頭の三品を教わりました。参加者11名。(血液型B型9人、O型2人。。)

・浮島 (栗がベースの和風シフォンケーキ!)浮島とは

e0016150_2136504.jpg


・栗饅頭 
e0016150_21372594.jpg


・小麦饅頭
e0016150_21375687.jpg


浮島と栗饅頭は、明日出荷のヤッホーファーマーズ宅配で野菜と一緒に福島に送ります。季節のいろいろなものが身近に実っていても、食べられないという悔しさがあるんじゃないのかな、と思ってしまうんです。和菓子作りの会の参加者のみんなが、福島に送る分をあたりまえのように想ってくれていたことに感謝でした。喜んでもらえるといいな。

次回、手作りの会は12月7日・漬物三種類です。
地元の小麦粉でうどんを作って食べますよー♪
申し込みは mail @ yumeyaeiko.net まで!


以下のパブリックコメント明日まで!。
放射性物質汚染対処特措法関係省令案に対する意見の募集(パブリックコメント)について


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

文部科学省放射線量等分布マップ拡大サイト
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2011-11-16 22:03  

<< あめつちの祈り 「<」「>」 >>