やきものデビュー

今年はクラフトフェアでもネットでも、なにかと陶芸家の方たちと出逢う機会が多いおかげで、徐々に自分でもやきものをやりたい気持ちが強くなりました。以前、近所の友人たちと野焼きをやったり、穴窯に一晩中薪をくべるお手伝いをしたことがあったりと、やきものはそれほど遠いものではありませんでした。やっと機が熟したようで、ここに来て日常で使う食器などを自分で作ろう!と言う気持ちになりました。
ukkyさんや仙人さんやますちゃんの影響多々有りです。感謝しています。

多忙のやきもの作家、シンゴさんを拝み倒して我が家でやきもの教室を開いてもらいました。何を作りたいかを決めておくように、と言われましたが、作りたいものは止めどなく溢れてくるので、作りたいものを絞り込む方が大変でした。まず、茶碗、湯飲み、一輪挿し。そして、大物の壺太鼓!今回は、それぐらいにしておきましょう。^^

集中すると時間を忘れてしまいます。かたまりつくり、ひもつくり・・、きゃ〜、楽しい。楽しくてたまらない!まだ焼いてもいないのに、嬉しくてしょうがないですぅ。
見ているだけだととても簡単そうなのに、自分でやってみるといろいろが結構難しい。やっぱりシンゴさんはすごいなぁ。ひとつひとつの動きが美しい・・。改めて尊敬しました。

ますちゃんの紹介で、11月19、20日と水戸の高野さんのところの野焼きに参加します。
「ますちゃん、お帰りコンサート」も野焼き会場でやります。どうぞ、よろしく。
壺太鼓は、野焼きの方がいい音が出るはず。太鼓と言うより家みたいになっちゃいました
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2005-10-29 07:36 | 日常のこと  

<< もう、いらないのです 祭音祭@八ヶ岳 >>