ハートランド・天然音楽浴コンサート

何年か前に、山梨県牧丘町のギャラリー空(くう)と言うところへ、何かの演奏を聴きに行ったのですが、わざわざ一時間半もかけて聴きに言ったというのに、何を聴きに行ったのかはすっかり忘れて去ってしまいました。(なんのこっちゃ〜。)

けれど、そこで打楽器を演奏されていた方だけは、印象に残りました。
民族打楽器をドラムセットのように並べての演奏に大変感動しました。備長炭を使った「炭琴」と言う楽器も使い、私はその炭琴の"音"にとても惹かれました。異空間へ飛ばされてしまうような、鍾乳洞の奥から聞こえて来るような、星の瞬きのような、とても不思議な音・・。

その打楽器奏者は、甲斐いつろうさんと言う方でNHKドラマ「蔵」の主題曲に参加するなど、幅広く活躍されています。甲斐さんの奥さんで横笛奏者であるカオンさんと「天然音楽浴」というユニットを組んで活動をしていらっしゃいます。
縁あって、その後、何度か彼らのコンサートでジャンベを叩かせて頂きました。

その縁を結んでくれたのが、私の家の近所にある「ハートランド」というレストラン。3年前の2月に一旦閉店しましたが、閉店した時にも記念イベントとして八ヶ岳のリゾートホテルの大ホールで「天然音楽浴」のコンサートが行われ、八ヶ岳の様々なミュージシャンがジョイントしました。大雪だったけれど200人以上の人がコンサートに集まり、「ハートランド」閉店に対する八ヶ岳の人たちの気持ちがよくわかりました。その秋には、いろんな事情を乗り越えて違う場所に新しく開店することになり、「ハートランド」の店主・コフネさんの「ハートランド」への想いや願いの強さを感じました。

今日は、新しくなった「ハートランド」の3周年記念イベントとして、「天然音楽浴」のコンサートが催されました。私に、「ジャンベを持って是非来てくれ」とコフネさんが強く希望されましたが、リハもやってないし3年前のハートランドの閉店コンサートで色々な行き違いがあり、その後「ハートランド」とも「天然音楽浴」とも関わることなく3年が経っていましたから、どうしよーかなーと少々迷いました。
確かに、私は何かにとらわれ何かにこだわっていたのですが、自分が何にとらわれて何にこだわっていたのかは、とっくに忘れてしまっているし、やっぱり"今まで"よりも"これから"がずっーと大切なので、ジャンベを持ってコンサートに行って来ました。^^

「天然音楽浴」は、以前よりも美しい笛の音、踊り出してしまうくらい力強いパーカッション。お見事です!今回は沢村繁さんと言う方がキーボードで参加されていました。
途中、留桜美ちゃんの踊り、着物姿の女性の舞いもありました。留桜美ちゃんはともかく日本舞踊の方もリハなしの即興だというで、驚きました。音と重なる、なんてもんじゃなくて、動き=音、音=動き。素晴らしかったです。お見事。

最後から2曲目に、Shel Silversteinの「大きな木」という絵本を読んでカオンさんが感動して作ったというリンゴの木のうた。カオンさんの心の場所が痛いくらいに伝わってきました。「大きな木」は、私も大好きです。優しい話なのに、心が痛むのは何故だろう??
私は最後の曲、「パラディッソ」と言う曲にジャンベで参加しました。
全員が立ち上がり会場全部が踊り場と化しました。いいなぁ、こーゆーの。こういう時にこそ、自分が音楽やっていて良かったなーって想ってしまいます。与えているようで与えられている、いつもいつも、誰もがリンゴの木のように与え合っている。そうは想えないことだって、そうは見えないことだって。それをいつも忘れないでいられるといいのに。

久々に逢った甲斐さん&カオンさんに「今は歌ってる」、と言うとやはり驚かれてしまいました。ふはは。そのうち、歌でジョイントしたいです。
3周年、おめでとう!ハートランド、ありがとう!
川崎に住む、素敵な音の癒し"ソシズノノ"のともさんにも再会できて嬉しかったです。
行って良かったーーー♪
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2005-10-22 23:34 | イベントなど  

<< 魔法のことば サイオン・カマラ(From ギ... >>