ふつうの唄

今日(というか、もう昨日)、
毎月恒例@静岡県富士市・楽々塾にて、整体勉強会・愉氣の会でした。
去年の1月から始めて、今回で20回目。たった月に一度だというのに、
通い続けたことで、以前よりも体が元気で楽です。
精神や心も確かに連動しているようで、変化し続けていることを実感しています。

3月11日の震災後のこの世界を、希望を持って覚悟して生きるという選択ができるのも、
きっと、この愉氣の会を始めて続けて来られたことが大きく作用しているんだと思います。

自分にしてあげられること、周りにいる大切な人たちにしてあげられること、
自分の力として確かなものにしていきたくて、愉氣の会を月2回に増やす予定でいます。
10月11日火曜日には、再び愉氣の会@八ヶ岳を開催します。(詳細は後日)
前回 参加できなかった皆さま、
この機会に「愉氣」という不思議な力・本当はふつうの力を、日常に取り入れてみませんか!

野口整体について知ろうとしたときに最初に読んだ本です。
野口晴哉著・整体入門

かなりお勧めの一冊!
野口昭子著・杜歯の下駄

不思議だったり、変わってるなぁと思っていたりすることが、
あたりまえで、ふつうであることがたくさんあったりする♪


「ふつうの唄」

ひとりの朝 風が吹く朝
心に雨のおちる朝

どこに居ても誰と居ても
何故こんなに君はひとり

そんな日には体残して
夢のなかへ旅に出かけよう

昔行ったあの森のみち
揺れる木漏れ日 みどりの風

瞳閉じて その両腕で
自分のこと抱きしめてみて

ずっとずっと抱きしめていて
自分のこと愛してあげて

君の中に神様はある
君に出会うのを待っている

その人はいつも君をみていた
君を君だけをみつめていた

そして 君をただ愛していた
君を君のまま愛していた

その人は愛 愛こそが君
踊れ光り 愛こそが君

おそれないで 悲しまないで
忘れないで 愛こそが君

君がここにいるから
夢は動きはじめる

君が君でいるから
愛が今おりてくる

愛は命 愛はよろこび
永遠の唄 ふつうの唄

愛は命 愛はよろこび
永遠は今


山根麻以・ふつうの唄



映画「チェルノブイリハート」の上映会。

とき:2011年10月8日(土)13時~ 15時~ 
場所:山梨県北杜市長坂町 三分一湧水館

料金:おとな 1000えん 18歳未満は無料

主催・あしたへつづくみちネットワーク
問い合わせ mail@yumeyaeiko.net


※前売りを扱ってくださるお店、当日受付をしてくださる方、
広報を担当してくださる方、会計をやってくださる方など、募集します!
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2011-08-31 01:22  

<< チェルノブイリハート上映会日程... チェルノブイリハート上映会 >>