stop step

北海道の停止中の泊原発3号機が再稼動しそうな気配です。
原子力安全保安院は「問題なし」と言い、海江田万里経産相は「北海道・高橋はるみ知事の判断を待つ」と言い、高橋知事は「容認する」と発表、北海道大学の教授たちは「容認できない」と緊急声明。

泊原発3号機、保安院が検査結果報告「問題なし」
泊原発3号機、営業運転延期 経産相「知事判断を待つ」
泊3号機営業運転 高橋知事が容認へ
「泊原発の営業運転前に安全策を」 北大教授ら緊急声明


現実に起きていることは、こういうこと。

でも、私の<深き>は、世界が2つに分かれていくというプロセスをどうしても感じてしまう。
そして、一人残らず、誰一人として残さず!と繰り返し繰り返し叫んでいる。

目に見える世界を生きている人たちがいて、
目に見えない世界を信じて生きている人たちがいる。

その両方をイコールで結んで生きている人が少しいて、
それらすべてを解き放って、ただただ<在る>人がほんの少しだけれども いる。

どれが良いか悪いかということではないけれど、
目に見えることだけがすべてではないってことを感じるために、
今、多くの人にstop stepが必要な時期になんじゃないかなと思うんです。

以前紹介した、愚樵さん「不定時法の世界」。※リンク先下からシリーズになっています※
不定時法の世界⇔定時法の世界、前者はヒトが在る世界で、後者はヒトが創り出した世界。
「理」と「からくり」という二つの世界。
「からくり」は現実だけど、「からくり」が現実なわけじゃない。


時間とは何なのか?
今、生きているこの世界は何なのか?
生きるとはどういうことなのか?
生命はどこから来てどこへ行くのか?
そして、今、それを考える自分自身はいったい何なのか? 何者なのか?

わからないことばっかりだったりするけれど、
全部の時計を止めて 考えてみるのもいいかも♪
自分が一日に何度時計を見る生き物だってことがわかりますよ~!



・福島原発事故の現状:アーニー・ガンダーセンがロシア報道番組で語る


・東電に入ろう (倒電に廃炉)


この世界に生きているだけで、大冒険! 奇跡の連続♪
どれだけ愛されている存在なのかってこと、一瞬たりとも忘れちゃいけないよ。


---------------------------------------------------------------------------------------
☆LIVEのお知らせ☆
奏での森クラフト市
9月3日(土)昼過ぎぐらいから
@長野県原村 カナディアンファーム
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2011-08-18 01:40  

<< 世界で一番大切な人! 星の里祭り2011 >>