キャンドルナイト夏至@空穂宿 -1- ハジマリノハナシ

去年に引き続き、今年も山梨県韮崎市にあるゲストハウス空穂宿の夏至イベント、
キャンドルナイトに出演させていただきました!! 約一ヶ月遅れの報告です。
キャンドル制作&デコも、去年に引き続きChu-Buru-DECOさん。
そして今年は、パーカッショニスト・ヨディーも一緒に、キャンドルナイトを彩りました♪
e0016150_0502023.jpg


以前にも書きましたが、震災後、どういう心で、どういう想いで歌って良いのか、
人の前に立って、どうそれを表現していいのかを見失っていた時期があったので、
空穂宿のお二人からオファーが来たとき、自分がこの仕事を引き受けて良いのか、実は一瞬迷いました。オファーの相手が空穂宿でなければ、もしかしたら断っていたのかも知れないです。


それでも引き受けることにしたのは、「それは、私にできることなんだ」と思うことができたからです。ライブハウスや他のイベントのように、いろんな音楽家たちが彩る世界ではなくて、私の音・私の歌の世界が、空穂宿の持つ世界と、Chu-Buru-DECOのキャンドルの持つ世界とが調和するからこそのイベントで、更にその場にやってくるお客さんたちの持つ世界がそこの乗っかって来るわけですから、中途半端な自分では絶対にやりたくなかったわけです。


何も言わなくてもなんとなく分かり合えるという感覚の持てる相手というのは、やっぱり特別な存在なんだと思う。引き受けることにしたのは、互いに言葉にしなくても「そこに大切なものがある」ということが、「なんとなく」そして「揺るぎなく」感じることができたから。


そして、打ち合わせのときに、今回のテーマは「クリキンディ」ってことを聞いたときには、引き受けるときに感じたことがそこにあると確信できて、とても嬉しくなりました。空穂宿のお二人からは、「クリキンディ」の朗読をお願いされました。ついでに、「魔法のことば」の朗読もすることにしました。


打ち合わせのときに、空穂宿のおふたりとChu-Buru-DECOのお二人とみんなで合掌行氣をしたのですが、そのときの感覚がホットで心地よかったので、コンサート第二部である参加型コンサートの始まりでは、スタッフもお客さんも全員で合掌行氣をすることにしました。


整体がどうのは、その次の話で良いと思うのです。自分の手のひらを合わせたときの温かさや、自分の呼吸や、目を閉じること、、一分でも二分でもそういう時間があると、「自分」を感じることができていいなと思う。そして、、多分どんなことでも言えることだろうけれど、「自分」と「自分」同士で響き合うのはとっても心地よくてとっても楽しいことなんだ♪


つづく。。


キャンドルナイト報告@ゲストハウス空穂宿ブログ 
キャンドルナイト・壱
キャンドルナイト・弐
キャンドルナイト・参
キャンドルナイト・四


今日は 満月ですね♪ おまけ・ポーランドの夏至祭

[PR]

by yumeyaeikoalways | 2011-07-15 23:47  

<< ダイアログインザダーク 大地に寝ころんで >>