福島へ!

なんだか、いろいろゴタゴタしているうちにゴールデンウィークが終わりました。
みなさま、お元気でしたか??父は退院しました。とりあえず、一安心。


原発のニュースは以前より減ってきている気がしますが、依然として危機は続いています。
福島氏や郡山市などの放射線量も、報道はされていませんが、現在も高めです。
そして、数日前から福島第一原発3号機の温度は上昇し始め、現在は210度を越えています。おとといには、白煙と黒煙が上がったようです。

航空機計測もとに「地表汚染マップ」 日米共同で製作


競争相手のいない電力会社が、なぜ高額の広告料金を払ってCMを流すのか?
それは、口封じのためなんですよと、震災後、自ら暴露していますね。
大事なことを報道しない報道機関を、私は必要だと思えないです。



長崎大学の教授とやらが安全キャンペーンなどと言って、福島県内を回って歩いたおかげで、
「安全だ」と信じきっている方が大勢います。不安を口にすれば、周りの人から責められ、
校庭の線量が不安で学校を休ませたくても、学校に行かない子は「悪」のレッテルを貼られるという。。


私のように、悪で良いでーす♪と、言い返せちゃったり、
イヤなものはイヤだ!と言える人の方が、社会では圧倒的に少ないのだと思う。
いろんなことを我慢して、飲み込んで、耐えるなんてアホらしいと思ってしまう私には、本当のところで理解することはムツカチーけれど、逃げたくても逃げられず、、状況は非常にややこしいらしい。。そのままそこに暮らし続けたいと言う人の気持ちもわからないでもないんだけど、、悩ましいっす!


専門の垣根をこえて教員有志により作られた組織
福島大学原発災害支援フォーラム
提言


「福島の子どもたちを守りたい!」という願いから始まった、測定器47台プロジェクト
今、事務局の一人として関わっております。
事務局のメンバーは、4月末に福島入りし、
そのうち一人は今も福島に残って活動を続けています。


先日、1号機の扉が開かれて、5億ベクレル(核種は不明)の放射能が計測されても、
東電も保安院も「周囲に影響なし」という発表をしました。
「影響なし」と言う言葉が出てくるたびに、「危険なんですよ、でへへへへ」と訳してしまう私です。^^;

これから先、福島の人たちはどうなっていくんだろう?
これから先、日本はどうなっていくんだろう? 私はとても不安です。


笑うってことはとても大切なことだと思います。
でも、同じ国の民に起きていることに心を向けること、
笑えない日常の中にいる人に思いを馳せることも、時として大事なんじゃないかと思う。


3号機の温度が300度を越えないことを祈りながら、私もこれから福島に行ってきます。
一人でも多くの人が非難や移住ができるようになることを願います。


-------------------------------------------------------------------------------------
アキラさんがやってくれました!お見事ー!!
ブログ「光るナス」原発関連などなどのリンク集

今月24日には、アキラ先生を招いて、
パノラマの湯の無料休憩所を借りて、「愉氣の会@八ヶ岳」を開催します!!
野口整体について、愉氣の基本、放射能被ばくの軽減法などを学びます。詳細は後ほど~。
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2011-05-10 04:09  

<< 踏み絵の先に 明るい兆し >>