9月のあれこれ、その四

〜根羽村・ネバーランド・秋の手仕事祭り〜
前回、8月に呼ばれてから約一ヶ月、再び根羽村手仕事祭りに行って来ました。
今回はイズミが中心に動いて、えいこwithイズミを含めミュージシャン4組が出演。玉手箱で中心になって動いた"KURI"、伊那谷で活躍するかつみさんと大ちゃんのユニット、イズミがやってるギャーテーズのパーカッショニストのてらちゃんと、こま、デメさん、という3人のバンド。

クラフトの出展は8月よりも少なく、お客さんも少なく、秋ですな〜と言う感じでしたが、テッペイちゃんもシンゴさんも出展できたし、少しは売れたし、飛び入りという形でシンゴさんがステージにも上がれたし、良かったなぁ。
へなちゃんも賄い、お疲れさまでした。シチュー美味しかったよう!ありがとう。

役場の人たちが石窯ピザを作ったり、竹と蝋燭で光の演出をしたりと頑張っていました。自らが楽しんでいる様子が私は嬉しかったです。夜ステージが終わってから、鰹が振る舞われました。ステージに使っている木を切って運んだという方にもお逢いすることができました。宿泊施設も気持ちよく使わせて頂きました。
根羽村、良い村だなー。もっと、集客できる実力をつけるど!

帰りに、根羽村にある樹齢1800年の杉に出逢ってきました。「月瀬の大杉」と呼ばれているその木の前で、「祈りの大地」と「光の花」を歌いました。
ー小さなことはどうだっていい、所詮は巡りの中ー
そして、「サンポウ」と言う音が響きました。なんだサンポウって??
ー常に守られている、ひたむきで在れー
1800年という生命の前でそんなことを想いました。

帰路途中、「満願成就の湯」と言うすごい名前の温泉でぽっかぽかになりました。空には下弦の半月あり。
[PR]

by yumeyaeikoalways | 2005-10-01 17:51 | ライブ  

<< 9月のあれこれ、その五 9月のあれこれ、その三 >>